アルピナ、608馬力のハイスペック「B5 Bi-Turbo」ワールドプレミア | Spyder7(スパイダーセブン)

アルピナ、608馬力のハイスペック「B5 Bi-Turbo」ワールドプレミア

自動車 ニューモデル

新型アルピナ B5 Bi-Turbo(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型アルピナ B5 Bi-Turbo(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型アルピナ B5 Bi-Turbo(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型アルピナ B5 Bi-Turbo(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型アルピナ B5 Bi-Turbo(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型アルピナ B5 Bi-Turbo(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型アルピナ B5 Bi-Turbo(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型アルピナ B5 Bi-Turbo(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型アルピナ B5 Bi-Turbo(ジュネーブモーターショー2017)
BMWをベースにしたコンプリートカーを手がけるアルピナは3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、新型『B5 Bi-Turbo』を初公開した。

新型B5 Bi-Turboは、新型BMW『5シリーズ』がベース。セダンとワゴンの「ツーリング」の2種類のボディが用意される。

直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、アルピナの手によって、ツインターボ化などのチューニングを実施。その結果、最大出力608hp、最大トルク81.6kgmを引き出す。

新型B5 Bi-Turboでは、パフォーマンス志向の4WDが標準。強力なパワーは4輪に伝えられ、セダンの場合、0‐100km/h加速3.5秒、最高速330km/hの優れたパフォーマンスを実現した。

アルピナ社は1961年に創業。BMWのチューニングを行う小さな会社だったが、1964年にはその実力がBMW本社に認められ、BMW公認チューナーに。そして、1983年には、ドイツ政府から自動車メーカーとしての認証も受けた。アルピナの新車には、BMWのメーカー保証が適用される。

【ジュネーブモーターショー2017】アルピナ、最強の新型 5シリーズ 発表…608馬力

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top