アルピーヌ二代目A110、パワートレインは252馬力の1.8リットル直4ターボ | Spyder7(スパイダーセブン)

アルピーヌ二代目A110、パワートレインは252馬力の1.8リットル直4ターボ

自動車 ニューモデル

アルピーヌ A110(ジュネーブモーターショー2017)
  • アルピーヌ A110(ジュネーブモーターショー2017)
  • アルピーヌ A110(ジュネーブモーターショー2017)
  • アルピーヌ A110(ジュネーブモーターショー2017)
  • アルピーヌ A110(ジュネーブモーターショー2017)
  • アルピーヌ A110(ジュネーブモーターショー2017)
  • アルピーヌ A110(ジュネーブモーターショー2017)
  • アルピーヌ A110(ジュネーブモーターショー2017)
  • アルピーヌ A110(ジュネーブモーターショー2017)
ルノー傘下のアルピーヌは3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、新型アルピーヌ『A110』を初公開。同時に、パワートレインなどの詳細を明らかにした。

復活を遂げたアルピーヌA110の新型は、2シーターのスポーツカー。フルアルミ製のプラットフォームとアンダーボディを採用。軽量化とハンドリング性能を追求する。ボディサイズは、全長4178mm、全幅1798mm、全高1252mm、ホイールベース2419mm。前後重量配分は44対56とした。

ミッドシップに搭載されるエンジンは、1.8リットル直列4気筒ガソリンターボに決定。ルノー日産アライアンスが開発したユニットを、アルピーヌとルノースポールのエンジニアが共同でチューン。最大出力252ps、最大トルク32.6kgmを引き出し、後輪を駆動する。

車両重量は1080kgと軽量で、パワーウエイトレシオは4.3kg/psと優秀。トランスミッションは、ゲトラグ製の7速デュアルクラッチ。新型アルピーヌA110は、0‐100km/h加速4.5秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を実現している。

【ジュネーブモーターショー2017】アルピーヌ A110 新型の1.8ターボは252馬力

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top