1964年のF1王者、ジョン・サーティース氏が死去…ホンダでも活躍 | Spyder7(スパイダーセブン)

1964年のF1王者、ジョン・サーティース氏が死去…ホンダでも活躍

自動車 スポーツ・エンタメ

ホンダ時代のサーティース氏。
  • ホンダ時代のサーティース氏。
  • ホンダ時代のサーティース氏(左は当時のホンダ監督、中村良夫氏=故人)。
  • サーティース氏は1967年のF1イタリアGPで優勝(当時ホンダ)。
  • サーティース氏は1967年のF1イタリアGPで優勝(当時ホンダ)。
  • サーティース氏は1967年のF1イタリアGPで優勝(当時ホンダ)。
  • サーティース氏は1967年のF1イタリアGPで優勝(当時ホンダ)。
  • サーティース氏は1967年のF1イタリアGPで優勝(当時ホンダ)。
  • 1966年のベルギーGPで優勝したサーティース氏(当時フェラーリ)。
1964年のF1チャンピオンで、ホンダの第1期F1参戦においてもドライバーを務め、優勝をもたらしたことがあるジョン・サーティース氏が亡くなった。享年83。

1934年2月11日に英国で生まれたサーティース氏は、2輪と4輪の両方で当時の最高峰カテゴリー世界王者となった唯一の人物としても知られる。

F1ではフェラーリに所属した64年にチャンピオンを獲得。その後、67~68年は第1期F1活動中だったホンダ(シャシーもエンジンもホンダ)に加入し、67年イタリアGPでは0.2秒差の接戦ゴールとなったレースを制し、ホンダにF1通算2勝目をもたらしている。翌68年のイタリアGPでは、ホンダにとって最初のポールポジション獲得という記録も残した。

高齢となっても壮健で、98年にツインリンクもてぎでホンダが創立50周年記念イベントを開催した際にも来日するなどしていた。また、21世紀になってからは、50歳以上年齢の離れた息子さんをレース中の事故で亡くすという悲しい出来事にも遭遇している。

F1通算6勝。“ビッグジョン”の愛称で敬意と親しみを集めた名手であった。64年当時の所属チームであるフェラーリは「偉大なドライバーのひとりを失った。彼の遺族に対し、心からの弔意を捧げる」との意の声明を出している。
《遠藤俊幸@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top