ケーニグセグ レゲーラ、これが1500馬力のスーパーPHV量産第1号車だ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ケーニグセグ レゲーラ、これが1500馬力のスーパーPHV量産第1号車だ!

自動車 ニューモデル

ケーニグセグ・レゲーラの量産第1号車
  • ケーニグセグ・レゲーラの量産第1号車
  • ケーニグセグ・レゲーラの量産第1号車
  • ケーニグセグ・レゲーラの量産第1号車
  • ケーニグセグ・レゲーラの量産第1号車
スウェーデンのスポーツカーメーカー、ケーニグセグ(Koenigsegg)社は3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、『レゲーラ』の量産第1号車を初公開した。

レゲーラは、プラグインハイブリッド(PHV)パワートレインのスーパーカー。ミッドシップに搭載されるエンジンは、5.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ。最大出力1100hp、最大トルク127.5kgmを発生する。モーターは合計3個。後輪左右用に各1個、残るひとつは、エンジンのクランク部分にレイアウト。このモーターが、低回転域のエンジントルク不足を補い、エンジンスターターとしても機能する。

レゲーラは、エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、最大出力1500hp以上、最大トルク204kgm以上を獲得。0‐400km/hは20秒以下、150‐250km/h加速は約3.2秒と圧倒的な性能を実現する。

ジュネーブモーターショー2017では、レゲーラの量産第一号車が初公開。キャンディアップルと呼ばれる赤いボディカラーの1台は、車体センター部分がカーボンファイバーに。ホイールもカーボンファイバー製として、見る者を圧倒するオーラを放っている。

【ジュネーブモーターショー2017】ケーニグセグ レゲーラ、量産第1号車を初公開…1500馬力のPHVスーパーカー

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top