クロアチアの流星...EVスーパーカー「コンセプトワン」、1224馬力の改良新型登場! | Spyder7(スパイダーセブン)

クロアチアの流星...EVスーパーカー「コンセプトワン」、1224馬力の改良新型登場!

自動車 ニューモデル

リマック コンセプトワン(ジュネーブモーターショー2017)
  • リマック コンセプトワン(ジュネーブモーターショー2017)
  • リマック コンセプトワン(ジュネーブモーターショー2017)
  • リマック コンセプトワン(ジュネーブモーターショー2017)
  • リマック コンセプトワン(ジュネーブモーターショー2017)
  • リマック コンセプトワン(ジュネーブモーターショー2017)
  • リマック コンセプトワン(ジュネーブモーターショー2017)
  • リマック コンセプトワン(ジュネーブモーターショー2017)
  • リマック コンセプトワン(ジュネーブモーターショー2017)
クロアチアのリマック・アウトモビリ社は3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、EVスーパーカーの『コンセプトワン』の最新モデルを初公開した。

コンセプトワンは、「世界初のEVスーパーカー」を掲げて2011年に発表。2ドア、2シーターのスポーツカーデザイン。今回、EVパワートレインのアップデートを中心に、改良を受けた最新モデルが発表された。

前後アクスルにそれぞれ2個ずつ、合計4個のモーターを搭載し、4輪を駆動するシステムは従来通り。モーターのパワーを136hp引き上げ、最大出力を1224hpとした。

これにより、0-100km/h加速は0.1秒短縮され2.5秒に。最高速は355km/h(リミッター作動)という優れたパフォーマンスを実現している。

【ジュネーブモーターショー2017】クロアチアのEVスーパーカーはモーター4個で1224馬力

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top