ボルボ 262C、生誕40周年…人々の認識を変えた2ドアクーペ | Spyder7(スパイダーセブン)

ボルボ 262C、生誕40周年…人々の認識を変えた2ドアクーペ

自動車 スポーツ・エンタメ

ボルボ262C
  • ボルボ262C
  • ボルボ262C
  • ボルボ262C
  • ボルボ262C
  • ボルボ262C
  • ボルボ262C
  • ボルボ262C
  • ボルボ1800ES
ボルボ初の2ドアクーペ『262C』が今年、生誕40周年を迎える。

ボルボは1974年秋、260シリーズの最初のモデルとして『264』を発表し、2年後にはボルボ初の6気筒エステート『265』がデビュー。両モデルが好調な販売を続ける中、ボルボは1977年、ジュネーブモーターショーで262Cを披露した。

262Cは、Aピラーを大きく傾斜させるとともにルーフの位置を60mm低くし、流麗かつスポーティな2ドアクーペとして登場。インテリアには、レザーとハードウッドを贅沢に使用し、シート、ヘッドレスト、ドアサイド、ステアリングまでもがレザー仕上げとなっていた。

ボルボは、1973年に『1800ES』が生産終了となったあと、後継の2ドアスポーツモデルは不在となった。ボルボ最大の輸出市場である米国で、2ドアクーペの人気は高く、当時のペール・G. ジレンハマーCEOは、これを問題と捉えていた。

さっそく、ボルボのチーフデザイナーであったヤン・ヴィルスガールドは262Cのデザインに取り掛かった。262Cの形をスケッチで描き、インテリアは『164』を使用して試作。イタリアのカーデザイナー、セルジオ・コッジョラにデザイン案は持ち込まれ、4ドアだったボディは、ルーフの位置を低くした2ドアボディに変更。さらに、ルーフは樹脂性のカバーで覆われ、ワイドなCピラーにはスウェーデン国を象徴する紋章である3つの王冠が取り付けられた。

パワーユニットは、260シリーズ全モデルで採用する2.7リットルV6「B27E」エンジンを搭載。プジョー、ルノーと共同開発した同エンジンは最高出力141hpを発生、アルミニウム製のエンジンブロックとシリンダーヘッドを採用したことにより、重量を150kg以下に抑えていた。生産はイタリアのベルトーネが請け負った。その理由は生産台数が少なく、イェーテボリのボルボの工場に適していなかったためで、フロントウインドウの下端にあしらわれた小さなエンブレムがベルトーネ生産であることを示している。

発売当初の数年間、262はブラックの樹脂性カバーのルーフを備えたシルバーメタリックカラーのみだったが、1979年以降は、ルーフなしのゴールドメタリックカラーを追加。1980年には、樹脂性カバーのルーフを備えたブラック、ライトブルーメタリック、およびシルバーメタリックカラーがラインナップから外された。

そして1981年、シリーズ中で最も際立つ存在となった最終モデルが登場。よりスリムになったバンパーと新デザインのヘッドライトなど、外観の大幅なアップデートを行ったほか、排気量を2.9リットルに拡大した「B28E」エンジンを搭載。最高出力は14hpアップの155hpとなった。さらにゴールド/ヌガーによる新ツートンカラーも採用した。

最終モデルの年間目標生産台数は800台で、需要はきわめて低く見込まれていた。しかし、実際の生産台数は予想の2倍超。1981年に最終ロットの販売が終了したときは、すでにコレクションの対象となっていた。262Cの生産期間は1977年から1981年までのわずか5年。総生産台数は6622台だった。

今から40年前、ボルボに対する世間の認識を覆したモデル、それがボルボ262C。200シリーズのベーシックモデルに比べて価格が2倍以上だったにもかかわらず、長く伸びたサイドラインと低く抑えられたルーフが織りなす美しいフォルムが人々の心を動かし、予想をはるかに上回る売上げを記録した。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top