Apple、9.7インチiPadを3万円台で発売 | Spyder7(スパイダーセブン)

Apple、9.7インチiPadを3万円台で発売

話題 新商品

9.7インチiPad
  • 9.7インチiPad
  • シルバー、ゴールド、スペースグレイの3色の仕上げ
 Appleは3月21日、9.7インチRetinaディスプレイ搭載の新しいiPadを発表した。32GBのWi-Fiモデルは37,800円(税別)。3月24日(現地時間)よりApple.comを通じて予約注文を開始し、3月末から順次、Apple Storeなどで販売を開始する。日本でのオンライン販売は3月25日から。

 新しいiPadは、写真やビデオが310万ピクセル以上の画質で楽しめる、「美しくて明るい」というRetinaディスプレイが特長。重さはわずか469グラム、薄さは7.5ミリで、携帯性と耐久性に優れている。バッテリーは最大10時間持続だが、デバイスの設定や使用状況、そのほかの要因により変動する。コンテンツの充実した学習アプリケーションで学びを探求することや、グラフィックスを駆使したゲームをプレイすることとのほか、2つのアプリケーションを同時に使うこともできる。

 ラインアップはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色の仕上げ。価格は32GBのWi-Fiモデルが3万7,800円、32GBのWi-Fi+Cellularモデルが5万2,800円。3月24日よりApple.comを通じて予約注文を開始し、翌週より納品予定。また、Apple Storeや特定の通信事業者、Apple製品取扱店で販売を開始する。Appleで購入すると、直営店またはオンラインで無料のパーソナルセットアップが提供される。

 Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは「iPadは世界でもっとも人気のあるタブレットです。お客様は9.7インチの大きなディスプレイを使って映画や写真を見たり、ウェブを閲覧したり、FaceTimeで会話をしたりするのが大好きですが、それが新たに、これまで以上にお手頃な価格で楽しめるようになりました。iPadを使うのが初めてのお客様も、旧モデルのアップグレードを検討しているお客様も、美しいRetinaディスプレイとパワフルなA9チップを搭載し、iPadのために設計された130万本以上のアプリケーションとともに、新しいiPadを家庭や学校、職場で愛用していただけることでしょう」と述べている。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top