フルヌード初公開!ランボルギーニ最速オープン「ウラカン ペルフォマンテ スパイダー」 | Spyder7(スパイダーセブン)

フルヌード初公開!ランボルギーニ最速オープン「ウラカン ペルフォマンテ スパイダー」

ランボルギーニの最速クーペ、「ウラカン ペルフォマンテ」のオープンモデル、「ウラカン ペルフォマンテ スパイダー」開発車両が、ほぼフルヌードの状態で初めて姿を見せた。

自動車 新車スクープ
ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ スパイダー スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ スパイダー スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ スパイダー スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ スパイダー スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ スパイダー スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ スパイダー スクープ写真
ランボルギーニの最速クーペ、「ウラカン ペルフォマンテ」のオープンモデル、「ウラカン ペルフォマンテ スパイダー」開発車両が、ほぼフルヌードの状態で初めて姿を見せた。

捉えたプロトタイプは、フロント、サイド、リアが完全露出しており、リアデッキの一部にステッカーが貼られているのみだ。

サイドドア下部には、クーペ同様のイタリアン・トリコローレも見られる他、リアディフューザー、ツインエキゾーストパイプ、ホイールなど、ルーフ以外全てクーペと同じデザインが確認出来る。

空力をコントロールし、加速をスムーズにする「ALA」(エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)技術は、オープンモデルのため採用が懸念されていたが、問題なく採用されているという。

パワートレインもクーペから流用され、5.2リットルV型12気筒エンジンを搭載し、最高出力は630psを発揮する。

通常、オープンモデルは、クーペより車重が重くパフォーマンスも劣るとされてきたが、ここ数年のスーパーカーでは逆転現象も見られ、このウラカン ペルフォマンテでも注目される所だ。

ワールドプレミアは9月のフランクフルトモーターショーだが、公式ショットが事前公開される可能性も高い。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top