アウディ、今秋から新グレード表記を導入へ!2桁の数字でパワーを示す | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディ、今秋から新グレード表記を導入へ!2桁の数字でパワーを示す

自動車 ビジネス

アウディの新グレード表記。新型A8の「55TFSI」グレード
  • アウディの新グレード表記。新型A8の「55TFSI」グレード
  • アウディの新グレード表記。新型A8の「55TFSI」グレード
  • アウディの新グレード表記。新型A8の「50TDI」グレード
アウディは8月23日、今秋から各車のグレード名の命名基準を新しくし、グローバル規模で導入すると発表した。新たなグレード表記では、2桁の数字で、出力レベルを示すのが特徴。ガソリン、ディーゼル、g-tron、e-tron共通で適用される。

「25」、「30」、「45」、「50」、「55」などの数字が発動機種別に冠され、現在の排気量を表す数字から変更される。例えば、「30」は最大出力が81~96kW、「45」は最大出力が169~185kWであることを意味する。アウディレインジでの最大出力は400kWを超え、これは「70」になる。今秋発売される新型『A8』では、3.0TDI(210kW)エンジン搭載車は「A8 50TDI」、3.0TFSI(250kW)搭載車は「A8 55TFSI」となる。

なお、この新グレード表記は、スポーツカーの『R8』や高性能な「RS」、「S」モデルには適用されない。

アウディは、この新グレード表記を、新型A8から導入する計画。その後、『A1』から『Q7』まで、全ラインナップに拡大していく。

アウディ、新グレード表記を導入へ…2桁の数字でパワーを示す

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top