あるぞフランクデビュー!メルセデスCLS次期型が軽カモで出現! | Spyder7(スパイダーセブン)

あるぞフランクデビュー!メルセデスCLS次期型が軽カモで出現!

メルセデスベンツの元祖4ドアクーペ『CLS』次期型が、カモフラージュの薄い姿で現れた。

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
メルセデスベンツの元祖4ドアクーペ『CLS』次期型が、カモフラージュの薄い姿で現れた。エアインテークを含むフロントバンパーは隠されているが、『AMG GT』風の攻撃的ヘッドライト、キックアップされたプレスライン、薄くワイドになったテールライトなどのデザインが見て取れる。

次期型では、『Eクラス』新型でも採用されている、FR専用「MRA」プラットフォーム使用し、先代比約100kg程度の軽量化を図るとともに、Eクラスより長いホイールベースを持つ。

コックピットは、メルセデスが今後新型車の多くに採用すると見られる、ツイン・デジタルディスプレイや湾曲したダッシュボードラインとなっている。

メルセデスは現在、ハイパフォーマンス・4ドアクーペ『AMG GT4』(仮称)も開発中だが、こちらはルーフラインがボディ最後部まで伸びる「ファストバック」スタイルで、スポーティさを強調するのに対し、トランクを持つ「CLS」は落ち着いた大人の4ドアクーペとなりそうだ。

パワートレインは、これまでのV型6気筒に代わり、3リットル直列6気筒が復活。V型8気筒以上にパワフルなエンジンになると見られる。このほかにも、2リットル直列4気筒エンジンやPHVのラインナップが予想される。

尚、シューティングブレイクは廃止され、クーペのみの設定となりそう。2018年春と思われたワールドプレミアだが、今回目撃されたモデルの完成度から見て、9月のフランクフルトモーターショーでサプライズがあるかもしれない。

メルセデス CLS 次期型、ほぼ完成か…フランクフルトでデビューの可能性

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top