市販化決定!メルセデス最小サルーン「Aクラス セダン」、開発車両がついに走った! | Spyder7(スパイダーセブン)

市販化決定!メルセデス最小サルーン「Aクラス セダン」、開発車両がついに走った!

自動車 新車スクープ

メルセデスベンツ Aクラス セダン スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス セダン スクープ写真
  • コンセプトAセダン(参考画像)
  • メルセデスベンツ Aクラス セダン スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス セダン スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス セダン スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス セダン スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス セダン スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス セダン スクープ写真
メルセデス最小の4ドアサルーンとなる『Aクラス セダン』(仮称)プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

捉えた開発車両は、2017年4月の上海モーターショーで初公開された『メルセデスベンツ コンセプトAセダン』の市販版にあたる。コンセプトの公開以来、これが初めてのスパイショットとなる。

プロトタイプからは、メルセデスらしい落ち着いた雰囲気が感じられる。Aクラスベースの4ドアクーペ『CLA』ほど極端なクーペルーフではなく、後部座席に十分な空間をもたらせ、トランクルーム容量も多く実用性が高くなるはずだ。

コンセプトモデルでは、フィンが縦に配置されたAMGグリルに鋭いヘッドライトで威圧感があったが、市販版ではベーシックなフロントエンドが予想される。一方で一部見えているテールライトやボディシルエットは、限りなくコンセプトモデルのデザインに近い。

パワートレインは、1.5リットルディーゼル、又は1.6リットルガソリンエンジンや2リットルターボディーゼルが想定される。

日本導入は2019年と予想され、販売予想価格は「CLA」より安く設定される見込みだ。

CLA ではない!メルセデス Aクラス にもセダン登場、開発車両をスクープ

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top