スズキ、コンパクトSUV「e-サバイバー」を東京モーターショーで初公開へ | Spyder7(スパイダーセブン)

スズキ、コンパクトSUV「e-サバイバー」を東京モーターショーで初公開へ

自動車 ニューモデル

スズキ e-SURVIVOR
  • スズキ e-SURVIVOR
  • スズキ スペーシア コンセプト
  • スズキ スペーシア カスタム コンセプト
  • スズキ クロスビー
  • スズキ クロスビー アウトドア アドベンチャー
  • スズキ クロスビー ストリート アドベンチャー
  • スズキ キャリイ軽トラいちコンセプト
  • スズキ SV650X
スズキは、10月27日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」の出展概要を発表した。

今回の東京モーターショーでは、「“ワクワク”を、誰でも、どこへでも」を出展テーマに定め、2020年に創立100周年を迎えるスズキが、さらに次の100年に向けた製品開発や技術開発に対する取り組みを披露する。

スズキは、モーターを搭載した四輪独立駆動のコンパクトSUVコンセプト「e-サバイバー」を初公開。ラダーフレームと軽量・コンパクトボディによるスズキSUV伝統の走破性はそのままに、電動化のもたらす新たな4WDの可能性を提案する。

また、「わくわく」「楽しさ」を詰め込んだ新スタイルの軽ハイトワゴン「スペーシア コンセプト」、広い室内のワゴンとSUVを融合させた新ジャンルのクロスオーバーワゴン「XBEE(クロスビー)」、軽トラ市に出店することを想定したコンセプトモデル「キャリイ軽トラいちコンセプト」などを初公開。市販車を含め計20台を出展する。

二輪車では、伝統的な外観を取り入れたネオレトロカテゴリーの「SV650X」、大人も納得する上質感を持ったスタンダードスクーター「SWISH(スウィッシュ)」を初公開するほか、市販車を含めて計9台を出展する。

また、自動ブレーキや誤発進抑制機能をはじめとするスズキの予防安全技術の総称を「スズキ セーフティ サポート」として紹介するとともに、安全・安心技術や電動化技術への取り組み、将来に向けた技術の展示と提案を行う。

【東京モーターショー2017】スズキ、コンパクトSUV「e-サバイバー」世界初公開へ

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top