『戦メリ』のテーマ流れ、坂本龍一の“いま”を捉える…『Ryuichi Sakamoto: CODA』予告編公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

『戦メリ』のテーマ流れ、坂本龍一の“いま”を捉える…『Ryuichi Sakamoto: CODA』予告編公開

映画 公開情報

『Ryuichi Sakamoto: CODA』(C)2017 SKMTDOC, LLC
  • 『Ryuichi Sakamoto: CODA』(C)2017 SKMTDOC, LLC
  • 『Ryuichi Sakamoto: CODA』(C)2017 SKMTDOC, LLC
2012年から5年間という長期間に渡る密着取材によって実現した、世界的音楽家・坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』。ワールドプレミアを果たしたヴェネチア国際映画祭でも大好評を博した本作から、坂本さんの“いま”を捉え、 繊細な“音”が“音楽”になる瞬間を捉えた予告編が到着した。



坂本さんの代表作にして、映画音楽家としての出発点でもある『戦場のメリークリスマス』のテーマ曲、「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」の美しい旋律が印象的な予告編では、坂本さんの音楽的変化のきっかけにもなった、3.11の津波をかぶったピアノとの出会いのシーンからスタート。

また、予期せぬガン告知を受けた後に坂本さんからこぼれた本音や闘病生活、そして“音”への憧れを語る姿や、森の中や自宅の庭、北極など様々な場所で“音”を集め、それが坂本さんの紡ぎ出す“音楽”とひとつになる様子がこの映像から確認することができる。

さらに細野晴臣、高橋幸宏と組む「イエロー・マジック・オーケストラ」(YMO)の1979年ロサンゼルスでのライブ映像や、『ラストエンペラー』製作当時に坂本自身が撮った本邦初公開となる秘蔵フィルムなど、貴重な映像の一部も収められている。



『Ryuichi Sakamoto: CODA』は11月4日(土)より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top