米国横断ハンズフリードライブ!キャデラック「CT6」、自動運転機能で挑戦 | Spyder7(スパイダーセブン)

米国横断ハンズフリードライブ!キャデラック「CT6」、自動運転機能で挑戦

自動車 スポーツ・エンタメ

ハンズフリー走行で米国横断を開始したキャデラックCT6
  • ハンズフリー走行で米国横断を開始したキャデラックCT6
  • ハンズフリー走行で米国横断を開始したキャデラックCT6
  • キャデラックのネイシン社長(右)もハンズフリー米国横断ツアーに参加
キャデラックは9月25日、2018年型『CT6』に装備される自動運転機能の「スーパークルーズ」を利用して、米国横断ハンズフリードライブを開始した、と発表した。

スーパークルーズは高速道路において、自動運転を実現するために開発。ドライバーは、ステアリングホイールから手を離し、ハンズフリー状態でのクルーズ走行を可能にする。キャデラックによると、ハンズフリー走行を実現したのは、自動車メーカー初という。

スーパークルーズは、レーザーレーダーの「LiDAR」ベースの地図データに、リアルタイムセンサーとカメラを組み合わせたシステム。これにより、高度な自動運転を実現する。

キャデラックはこのスーパークルーズの性能をアピールする目的で、12台の2018年型CT6による米国横断ハンズフリードライブを開始。東海岸のニューヨークを出発した12台は、合計16州を横断し、西海岸のカリフォルニア州ロサンゼルスまで、ドライバーは高速道路をハンズフリーで走行する。

なお、ニューヨークを自動運転で走行するにあたり、キャデラックはニューヨーク州の自動運転試験免許を取得。ニューヨーク州は法律の改正により、自動運転車の公道走行が可能になった。

キャデラック、ハンズフリー走行で米国横断へ…CT6 の自動運転機能を利用

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top