マクラーレン650S/スパイダー、高性能「MSO R」で復活!688馬力へ向上 | Spyder7(スパイダーセブン)

マクラーレン650S/スパイダー、高性能「MSO R」で復活!688馬力へ向上

自動車 ニューモデル

650S MSO R
  • 650S MSO R
  • 650S MSO R
  • 650S MSO R
  • 650S MSO R
  • 650S MSO R
  • 650S MSO R
  • 650S MSO R
  • 650S MSO R
マクラーレンが2014年から2016年まで販売していた、『650Sクーペ』『650Sスパイダー』が、高性能「MSO R」として登場した。現在マクラーレンの最新モデルは『720S』であり、旧モデルが復活した形だ。

ガスの流れを最適化する「クロスオーバー マフラー」チタンエキゾーストシステムを装備、刺激的なエクステリアは、フロントバンパー、ボンネット、ルーバーフェンダー、ルーフのエアスクープ(クーペ)、リアデッキなどにカーボンファイバーを採用、リキッドシルバーのボディが特徴となっている。

フロントスプリッターにはレッドのピンストライプでアクセントを入れ、サイドスカートやシルパネルなどに「MSO R」のロゴが入れられている。ホイールは、クーペにはサテンブラック、スパイダーにはグロスブラックで仕上げた専用デザインが与えられている。また室内には、MSO Rのロゴ入りアルカンターラのレッドシート、カーボンファイバー製ステアリング・ホイールを装備している。

パワートレインは、7速デュアルクラッチ「SSG」と組み合わされる、3.8リットルV型8気筒ツインターボ「M838」ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は688psへ高められている。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top