ホンダ、新型CB1000R など4機種をワールドプレミアへ!日本市場へ投入も | Spyder7(スパイダーセブン)

ホンダ、新型CB1000R など4機種をワールドプレミアへ!日本市場へ投入も

話題 企業

ホンダ CB1000R
  • ホンダ CB1000R
  • ホンダ CB300R
  • ホンダ CB125R
  • ホンダ CRF1000L アフリカツイン アドベンチャースポーツ
  • ホンダ CB1000R
  • ホンダ CB300R
  • ホンダ CB125R
  • ホンダ CRF1000L アフリカツイン アドベンチャースポーツ
ホンダは、11月7日(一般公開は9日から)イタリアで開催される「EICMA 2017(ミラノモーターサイクルショー)」にて、新型『CB1000R』など4モデルを世界初公開する。

新型CB1000Rは、「魅せる、昂る、大人のためのEMOTIONAL SPORTS ROADSTER」をコンセプトに開発。マスの集中化と軽量化を図った車体パッケージングに加え、さらに力強い出力特性を発揮する直列4気筒DOHC4バルブ1000ccエンジンと、スロットル・バイ・ワイヤシステムなどを搭載し、エキサイティングでありながら操りやすさも追求している。スタイリングは「ネオ・スポーツ・カフェ」をデザインテーマにし、大人の趣味にふさわしい、高品位な機能部品で構成された外観を実現した。

また「新世代CB」として誕生した『CB300R』『CB125R』の両モデルを初公開。ビギナーからベテランまで幅広い層を想定して開発し、マスの集中化を図ることで、軽快で上質な操縦フィールを目指した。スタイリングは、両モデルともにCB1000Rのイメージを踏襲。コンパクトかつダイナミックなプロポーションやメカニカルな機能美などで、所有感を高めている。

『CRF1000L アフリカツイン アドベンチャースポーツ』は、さらなるアドベンチャーマインドをかき立てるモデルとして開発した新モデル。24リットルの大型フューエルタンクと大型ウインドスクリーン、ロングストロークのサスペンションなどの採用に加え、スロットル・バイ・ワイヤシステムも新たに装備している。

なお今回、世界初公開するCB1000R、CB300R、CB125R、CRF1000L アフリカツイン アドベンチャースポーツは日本での販売も計画。ただしCB300Rは「CB250R」として販売する予定だ。

このほかホンダは、『ゴールドウイング』や『X-ADV』、『NC750X』、『NC750S』、『インテグラ』といった新型モデルや、東京モーターショー2017で初公開した『スーパーカブC125』と『モンキー125』などを出展する予定だ。

【EICMA 2017】ホンダ、新型CB1000R など4機種を世界初公開予定…日本市場に投入も計画

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top