普通2輪免許で乗れるスクーター!BMWが初公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

普通2輪免許で乗れるスクーター!BMWが初公開

話題 テクノロジー

BMW Motorrad C400X
  • BMW Motorrad C400X
  • BMW Motorrad C400X
  • BMW Motorrad C400X
  • BMW Motorrad C400X
  • BMW Motorrad C400X
  • BMW Motorrad C400X
  • BMW Motorrad C400X
  • BMW Motorrad C400X
BMWはミラノモーターサイクルショー(EICMA)で、アンダー400cc、つまり日本では普通2輪免許で乗れる『C400X』を発表した。

「Cシリーズ」は同社のスクーターファミリーとして確立されており、現行ラインナップには650cc並列2気筒エンジン搭載の『C650スポーツ』と『C650GT』、さらに電動タイプの『Cエボリューション』がある。

『C400X』はフロント15インチ、リア14インチの足まわりとした車体に、排気量350ccのSOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載。左右非対称デザインのLEDヘッドライトがつくりだしたフロントマスクは、GSシリーズを彷彿させるものでワイルドなムードが漂う。

6.5インチ大型TFT液晶メーターや12Vソケットを備え、BMWらしい先進的技術も「BMWコネクテッド」(スマートフォンとリンクし電話やミュージックプレイヤーなどを操作できる)や、「キーレスライド」(スマートキー)といったオプション設定に見られる。

フロントブレーキにはBYBRE製のラジアルマウントキャリパーが与えられ、走りもアグレシッブなものを予感せずにはいられない。

シート下の収納スペースは停車時のみ底部がアコーディオン式に拡張し、ヘルメット2個を収納できるようになる。『C650スポーツ』に採用した「フレックスケース」を用いて利便性を高めた。

日本導入・価格は未定だが、普通2輪免許で乗れるBMWのスクーター。気になる人は多いはず。

【EICMA 2017】BMWが普通2輪免許で乗れるスクーターを発表

《青木タカオ@レスポンス》

特集

page top