ランボルギーニ「ウラカン 」ワンオフモデル、ローマ教皇に寄贈…チャリティオークションへ | Spyder7(スパイダーセブン)

ランボルギーニ「ウラカン 」ワンオフモデル、ローマ教皇に寄贈…チャリティオークションへ

自動車 社会

ローマ教皇に寄贈されたランボルギーニ ウラカン のワンオフモデル
  • ローマ教皇に寄贈されたランボルギーニ ウラカン のワンオフモデル
  • ローマ教皇に寄贈されたランボルギーニ ウラカン のワンオフモデル
  • ローマ教皇に寄贈されたランボルギーニ ウラカン のワンオフモデル
  • ローマ教皇に寄贈されたランボルギーニ ウラカン のワンオフモデル
ランボルギーニは11月15日、『ウラカン』をローマのフランシスコ教皇に寄贈した。同車は2018年5月、チャリティオークションに出品される予定。

このウラカンは、ランボルギーニのカスタマイズ部門「Ad Personam」が特別なカスタマイズを施したワンオフモデル。バチカン国旗に敬意を表し、白いボディカラーをベースに、イエローゴールドのストライプを配するなどのカスタマイズを行った。

バチカンで行われた寄贈式では、ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOが、フランシスコ教皇にウラカンを引き渡し。フランシスコ教皇は、その場で車体にサインを添えている。

なおこのウラカンは2018年5月12日、RMサザビーズが開催するオークションにチャリティ目的で出品される予定。フランシスコ教皇はその売り上げの全額を、主にアフリカで活動を行っているイタリアの2つの団体などに寄贈する。

ランボルギーニ、ウラカン のワンオフをローマ教皇に寄贈…チャリティオークションへ

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top