ポルシェ、スカラシップ プログラム「ドライバー」募集開始!12月15日まで | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ、スカラシップ プログラム「ドライバー」募集開始!12月15日まで

話題 イベント

#17 上村優太(2017 PCCJスカラシップ プログラム ドライバー)
  • #17 上村優太(2017 PCCJスカラシップ プログラム ドライバー)
  • PCCJ&PCCA エキシビジョンレース
  • 2017年PCCJ第10戦オーバーオール表彰式(F1日本GPサポートレース)
ポルシェ ジャパンおよびポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェ ジャパン所有の「911 GT3カップ」にて2018年PCCJへフル参戦を望むスカラシップ プログラムのドライバー募集を開始した。

PCCJは国内最高峰のワンメイクレースとして2001年にスタート。2009年からは、将来性のある有望なレーシングドライバーの育成を目的として、このスカラシッププログラムを開始している。2018年もSUPER GTやF1日本GPといったビッグイベントのサポートレース開催を中心に、全11戦を予定している。

スカラシップドライバーの募集人数は若干名で、12月15日までにメールにて申し込みを受け付ける。参加条件は2018年4月1日時点の年齢が満25歳以下、JAF国内A以上のライセンスを所持しているレース経験者、PCCJ委員会が定める参戦費用を用意できるなど。日常英会話レベルのスキルも必要となる。

2018年シーズン中の内容が選考基準に達したスカラシップドライバーには、ポルシェ モータースポーツが主催するポルシェ ワークスドライバーの養成プログラム「ポルシェ ジュニア」のオーディションに参加する権利が与えられる。

【ポルシェ カレラカップ】スカラシップ プログラムのドライバーを募集

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top