このワゴンは相当危険...フォーカスワゴン次期型、ニュルで過激な高速テスト!【動画】 | Spyder7(スパイダーセブン)

このワゴンは相当危険...フォーカスワゴン次期型、ニュルで過激な高速テスト!【動画】

自動車 新車スクープ

フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
  • フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
  • フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
  • フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
  • フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
  • フォード フォーカス ワゴン スクープ写真
フォード『フォーカス』の派生モデル『フォーカス ワゴン』次期型が、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを開始した。カメラマンのレポートでは、その過激な走りに目を奪われたという。

フォードは2016年に日本から撤退したが、2000年の日本カー・オブ・ザ・イヤー「輸入車部門」では、2位に食い込む検討も見せたのが「フォーカス」だ。1998年に発売されて以降、20年の歴史を持つフォーカスが次期型で更なる進化を見せている。

動画では、スキール音をけたたましく響かせ、コーナーを攻める走りが見られる。そのスピード感はまるでハイスペックの「RS」のようだ。

次期型では、ヘッドライトにボルボ風LEDデイタイムランニングライトを装備し、メッシュグリルなどによりスポーティなデザインを特徴とする他、「Cプラットフォーム」を採用しホイールベースを50mm延長、優れた後部座席レッグルームと大きなトランクルームを提供してくれる。

パワートレインは、1リットル直列3気筒「エコブースト」エンジンと『フィエスタST』から流用される1.5リットル直列3気筒ターボエンジン、そしてハイブリッドモデルのラインナップが予想される。

ワールドプレミアは、2018年3月の「ハッチバック」に続き、10月に「ワゴン」及び「セダン」が期待されている。

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top