BMW1シリーズ次期型、初のウィンターテスト...「M」は直4搭載へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW1シリーズ次期型、初のウィンターテスト...「M」は直4搭載へ!

自動車 新車スクープ

BMW 1シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 1シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 1シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 1シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 1シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 1シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 1シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 1シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 1シリーズ 次期型スクープ写真
BMWのコンパクトハッチバック『1シリーズ』の次期型が、極寒のスカンジナビアで初の寒冷気候テストを開始した。フロントマスクは完全にガードされているが、そのデザインに関する最新情報を入手した。

1シリーズ次期型のプラットフォームは、『X1』と同様の「UKL」を採用し、ホイールベースを延長、居住空間の向上や軽量化が図られる。また、駆動方式がFF(前輪駆動)に変更されるのも大きなニュースだ。

デザイン上の注目は、刷新されるフロントマスクだ。新形状のワイドなキドニーグリル、鋭く釣り上がるヘッドライトを特徴とし、最小クロスオーバー・クーペSUV『X2』からインスピレーションを得たデザインになるという。

サイドシルエットは、FFとなったことで大きく変化したように見える。ハッチバックでありながらボンネットが長く、乗員スペースが後端に引っ張られるようなシルエットを特徴としていた従来型に比べ、ボンネットは短く、シルエットも一般的なハッチバックスタイルに近づいたようだ。

パワートレインは、1.5リットル直列4気筒ガソリン&ディーゼルエンジン、2リットル直列4気筒ガソリンエンジン、PHEVなどがラインアップされるはずだ。また高性能『M140i』は6気筒モデルを捨て、新開発2リットル直列4気筒ターボエンジンに変更される。

ワールドプレミアは2018年3月のジュネーブモーターショー、または10月のパリモーターショーが期待されている。

BMW 1シリーズ 次期型、初の寒冷地テスト...「M」は直6から直4ターボへ

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top