ダイハツ、名車 シャレードデトマソ をオマージュしたカスタムカーを初公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

ダイハツ、名車 シャレードデトマソ をオマージュしたカスタムカーを初公開!

自動車 ニューモデル

ダイハツブース(東京オートサロン2018)
  • ダイハツブース(東京オートサロン2018)
  • ダイハツブース(東京オートサロン2018)
  • ダイハツブース(東京オートサロン2018)
  • ダイハツブース(東京オートサロン2018)
  • ダイハツブース(東京オートサロン2018)
  • ダイハツブース(東京オートサロン2018)
  • ダイハツブース(東京オートサロン2018)
  • ダイハツブース(東京オートサロン2018)
2018年1月12日に、幕張メッセ(千葉県)において開幕した東京オートサロン2018にダイハツも出展。3つのコンセプトに基づいたカスタマイズカーを出展。

ダイハツは、プレミアム(白)とスポーツ(赤)、アクティブ(青)の3つのコンセプトでクルマをそれぞれカスタマイズ。中でも人の目を引くのが、オートサロンの華とも言えるスポーツ。『ブーン』『トール』『ミラ イース』『コペン』の4車種が、かつての『シャレード デトマソ』(ブース内に展示)を踏襲したレッドとブラックのツートーンカラーに仕上げられ、スポーティさを強調している。

中でもブーンは、『ブーン スポルト パッケージ』として同日に発売開始。そのほかの車種はコンセプトカーだが、すぐにでも市販できそうな現実的なカスタマイズが施されている。会場の担当者はも「反響次第では市販化もあり得るかも」とコメント。

ダイハツブースには、今後の展開も大いに期待できる楽しいカスタマイズカーが揃っている。

名車 シャレードデトマソ をオマージュしたダイハツのカスタマイズ…東京オートサロン2018

《阿部哲也@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top