生産終了したはずのランドローバー ディフェンダー、まさかの復活!! 限定150台を生産 | Spyder7(スパイダーセブン)

生産終了したはずのランドローバー ディフェンダー、まさかの復活!! 限定150台を生産

ランドローバーは1月17日、同社の70周年を記念して、2016年に生産を終了した『ディフェンダー』を150台限定で生産すると発表した。

自動車 ニューモデル
ランドローバー・ディフェンダー・ワークスV8
  • ランドローバー・ディフェンダー・ワークスV8
  • ランドローバー・ディフェンダー・ワークスV8
  • ランドローバー・ディフェンダー・ワークスV8
  • ランドローバー・ディフェンダー・ワークスV8
  • ランドローバー・ディフェンダー・ワークスV8
  • ランドローバー・ディフェンダー・ワークスV8
  • ランドローバー・ディフェンダー・ワークスV8
ランドローバーは1月17日、同社の70周年を記念して、2016年に生産を終了した『ディフェンダー』を150台限定で生産すると発表した。

ディフェンダーは1983年に発表。ランドローバーの第1号車として1948年にデビューした「シリーズ1」の伝統を受け継ぎ、高い悪路走破性を第一に追求したモデル。その無骨なまでのフォルムと卓越したオフロード性能は、世界中で多くのファンに支持されてきた。

ランドローバーは2016年1月、ディフェンダーの生産を終了。その68年の歴史に幕を下ろした。しかし今回、ランドローバーは70周年を記念して、ディフェンダーを限定で生産すると発表。『ディフェンダー・ワークスV8』と命名されたモデルを、150台限定発売する。

ディフェンダー・ワークスV8には、5.0リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力405ps、最大トルク52.5kgmと、ディフェンダー史上、最強のスペックを獲得した。ZF製8速ATを介して、0~96km/h加速5.6秒、最高速170km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

ディフェンダー・ワークスV8は、ランドローバー・クラシックが販売を担当。英国でのベース価格は、15万ポンド(約2280万円)と公表されている。

まさかの復活!! 生産終了のランドローバー ディフェンダー、限定150台を生産

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top