日本導入2020年か...ジープ最小SUV、『レネゲード』初の改良新型!インフォテイメントシステムが大きく向上へ | Spyder7(スパイダーセブン)

日本導入2020年か...ジープ最小SUV、『レネゲード』初の改良新型!インフォテイメントシステムが大きく向上へ

ジープブランド最小クロスオーバーSUV『レネゲード』が、初のフェイスリフトを迎える。エクステリアデザインのリフレッシュと、インフォテイメントシステムの向上が期待される改良新型プロトタイプの姿を、カメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
ジープ レネゲード 改良新型スクープ写真
  • ジープ レネゲード 改良新型スクープ写真
  • ジープ レネゲード 改良新型スクープ写真
  • ジープ レネゲード 改良新型スクープ写真
  • ジープ レネゲード 改良新型スクープ写真
  • ジープ レネゲード 改良新型スクープ写真
  • ジープ レネゲード 改良新型スクープ写真
  • ジープ レネゲード 改良新型スクープ写真
  • ジープ レネゲード 改良新型スクープ写真
ジープブランド最小クロスオーバーSUV『レネゲード』が、初のフェイスリフトを迎える。エクステリアデザインのリフレッシュと、インフォテイメントシステムの向上が期待される改良新型プロトタイプの姿を、カメラが捉えた。

レネゲードは、ジープ初のコンパクトモデルとしてフィアットと共同開発。フィアット『500X』の兄弟車として2015年から販売されている。プラットフォームには「スモール ワイド4×4アーキテクチャー」を採用し、ジープらしい丸型ヘッドライトや7スロットグリルを特徴としたモデルだ。

改良新型では、丸型ヘッドライトはそのままにグリルやエアダクトデザインを一新するほか、テールライトのグラフィックやリアバンパーもリフレッシュされる。

また今回はコックピットの一部の撮影にも成功。カバーで覆われているが、センタースタックが刷新され、現行の6.5インチディスプレイはさらに大型化されている模様。インフォテイメントシステムが大幅に向上される。

パワートレインは、現行モデルの1.4リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジン、及び2.4リットル自然吸気4気筒エンジンがキャリオーバーされると見られるが、最高出力アップの可能性もあるようだ。

ワールドプレミアは、2018年秋のLAショーが有力。日本導入は2020年と予想される。

ジープの人気SUVが初のフェイスリフト!改良「レネゲード」日本導入は2020年か

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top