レンジローバー 50年振りの量産2ドア発売へ!3千万円極秘モデルをキャッチ | Spyder7(スパイダーセブン)

レンジローバー 50年振りの量産2ドア発売へ!3千万円極秘モデルをキャッチ

ランドローバーのフラッグシップ・クロスオーバーSUV、『レンジローバー』が極秘に開発を進める新型車を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めてスクープに成功した。

自動車 新車スクープ
ランドローバー レンジローバー 2ドアクーペ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー 2ドアクーペ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー 2ドアクーペ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー 2ドアクーペ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー 2ドアクーペ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー 2ドアクーペ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー 2ドアクーペ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー 2ドアクーペ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー 2ドアクーペ スクープ写真
ランドローバーのフラッグシップ・クロスオーバーSUV、『レンジローバー』が極秘に開発を進める新型車を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めてスクープに成功した。

詳細は不明だが、2ドアであること、レンジローバー史上最高級モデルになることが伝えられている。

「Stormer」(ストーマー)と車内で呼ばれる新型モデルは、JLR(ジャガーランドローバー・オートモーティブ)の高性能部門、「SVO」が開発を進める2ドアクーペだと言う。レンジローバー派生モデルの『イヴォーク』に2ドアはあるが、トップモデルのレンジローバーとしての2ドアは、1970年の初代以来となる。1981年に1000台限定の2ドアが発売されているが、量産モデルとしては実に50年振りとなる歴史的モデルの誕生だ。

レンジローバーのトップデザイナーであるジェリー・マクガヴァン氏は、「大型2ドア・クロスオーバーSUV市場の規模は小さいが、可能性は秘めている」と語っており、噂通り現実となったようだ。また「SVO」の手により、限界を超える傑出したパフォーマンスを持たせる付加価値は、大きなアドバンテージとなるに違いない。

捉えた開発車両は4ドアに見えるが、リアドアは極端に短く不自然で、2ドアをカモフラージュしているはずだ。正面から見るとノーマルのレンジローバーだが、ルーフは低く傾斜している。また市販型と思われるテールライトは、最新のレンジローバーと全く異なるデザインが見て取れる。

ワールドプレミアは2020年が有力で、販売価格はランドローバー量産モデル史上最高額の3000万円が予想されている。

レンジローバー、50年ぶり量産2ドア発売へ!3000万円級の極秘モデルをスクープ

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top