ランボルギーニ新時代へ...SUVウルス、日本初公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

ランボルギーニ新時代へ...SUVウルス、日本初公開!

ランボルギーニは2月6日、都内で初のSUVモデルとなる『ウルス』を日本初公開した。来日したランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEO(最高経営責任者)は「このモデルは私たちの会社にとって新しい領域を示すもので、新しいランボルギーニの時代が始まる」と強調した。

自動車 ニューモデル
ランボルギーニ ウルス
  • ランボルギーニ ウルス
  • ランボルギーニ ウルス
  • ランボルギーニ ウルス
  • ランボルギーニ ウルス
  • ランボルギーニ ウルス
  • ランボルギーニ ウルス
  • ランボルギーニ ウルス
  • ランボルギーニ ウルス
ランボルギーニは2月6日、都内で初のSUVモデルとなる『ウルス』を日本初公開した。来日したランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEO(最高経営責任者)は「このモデルは私たちの会社にとって新しい領域を示すもので、新しいランボルギーニの時代が始まる」と強調した。

ドメニカリCEOは「ウルスは日常的に使ってもらえるクルマになっている。家族や友人を一緒に乗ってもらうことができる。仕様によって4名または5名が乗車できる。ゴルフバックも2つから3つ載せることができる。また様々なステージで乗ることができる。サーキットでの高速走行を始め、都市部でも安定した走行ができるほか、砂地、デコボコ道でも楽しむことができる」と、同社初のSUVを紹介。

その上で「2017年は売上高、販売台数ともに素晴らしい記録を達成した。日本は販売台数で世界第2位の市場となった。これは我々にとってまだスターティングポイントといえる。素晴らしいチャンスが我々の前に横たわっているともいえる。これからの2年間で世界販売台数を2倍にしたいと考えている。ランボルギーニは今後ますます成長していく」と、ウルスに期待を寄せた。

ランボルギーニのCTO(最高技術責任者)を務めるマウリツィオ・レッジャーニ取締役は「クルマの心臓部であるエンジンは、ランボルギーニとして初めてターボを採用した。新開発のV型8気筒4リットルターボエンジンは最高出力650馬力で、2200回転から最大トルク850Nmを発揮する。これにより非常にエンジンのレスポンスが高く、あらゆる障害を克服することが可能になった」と解説。

さらに「新しいソリューションの採用により車体重量は2.2トンを下回り、クラス最高となるパワーウエイトレシオ3.38kgを実現することに成功した。ウルスはスーパースポーツカーのDNAを受け継ぐだけでなく、スーパーSUVとして他にもマスターピースが必要となり、トルクベクタリング、エアサスペンション、そしてアクティブアンチロールバーを採用した」とも付け加えた。

その上で「ウルスは、0-100km/h加速が3.6秒、最高時速305km、時速100kmからの制動距離が33.7m。こうしたすべてのパラメーターによってウルスが世界最高の性能を示すSUVといえる」と語った。ウルスの日本での価格は2779万9200円で、納車開始は2018年春を予定しているという。

ランボルギーニ ウルス 日本初公開…CEO「新しいランボルギーニの時代が始まる」

《小松哲也@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top