デッドプール、『トイ・ストーリー』風に“相棒”紹介!【予告動画】 | Spyder7(スパイダーセブン)

デッドプール、『トイ・ストーリー』風に“相棒”紹介!【予告動画】

『アベンジャーズ』『X-MEN』『スパイダーマン』を生み出したマーベル史上最も過激な、“やりすぎ”ヒーローが再びスクリーンに登場する『デッドプール2』(仮題)。このたび、またもパロディ満載、“俺ちゃんワールド”炸裂の予告編と画像が公開された。

映画 公開情報
『デッドプール2』(仮題) (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved
  • 『デッドプール2』(仮題) (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved
  • 『デッドプール2』(仮題) (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved
  • 『デッドプール2』(仮題) (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved
  • ライアン・レイノルズ-(C)Getty Images
  • ジョシュ・ブローリン-(C)Getty Images
  • ライアン・レイノルズ-(C)Getty Images
  • ジョシュ・ブローリン-(C)Getty Images
『アベンジャーズ』『X-MEN』『スパイダーマン』を生み出したマーベル史上最も過激な、“やりすぎ”ヒーローが再びスクリーンに登場する『デッドプール2』(仮題)。このたび、またもパロディ満載、“俺ちゃんワールド”炸裂の予告編と画像が公開された。



2016年に大ヒットとなった『デッドプール』エンドロール後のおまけ映像で、デッドプールが「続編ではケーブルが出てくるよ」と宣言した通り、今回到着した映像では『ターミネーター』を彷彿とさせる重厚な映像で、ついに相棒ケーブルの姿が明らかに! しかし、いいところで一時停止が…。

ケーブルの左腕は機械化しているにも関わらずCG処理されていなかったことに、俺ちゃんご立腹! しかも、DCコミックの映画『ジャスティス・リーグ』でスーパーマン役のヘンリー・カビルが実際あった口ひげをCGで消していたことを「口ひげを消すのとはワケが違うんだぞ!」と茶化した挙句、「もういい、俺ちゃんがやる」と自ら立ち上がったと思いきや、始まったのは“人形劇”!?

デッドプールとケーブルのマーベル屈指の“迷コンビ”の共演は、先日、本作の配給会社である20世紀FOXの買収を発表したディズニー/ピクサーアニメーション『トイ・ストーリー』風で、“あの保安官”に扮したデップーとケーブルの靴底にはしっかりデッドプールの本名「WADE(ウェイド)」と書かれている。芸が細かいと感心しつつも、デップーが繰り出す技は、『トイ・ストーリー』では絶対にしかけない攻撃! ケーブル役のジョシュ・ブローリンが『アベンジャーズ』シリーズで演じる宇宙の支配者サノスが集めているインフィニティ・ストーンにちなんだ、おバカな攻撃となっていて、ネタの上にネタを重ねる“俺ちゃんワールド”炸裂の展開となっている。



“俺ちゃんワールド”はさておき、今回のアクションも必見!
その後、一転してケーブルの圧倒的な強さを見せつけるアクションシーンに加え、ザジ・ビーツが演じる新キャラ・ドミノの姿も! そして、前作に引き続き登場するネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド(ブリアナ・ヒルデブランド)、ウィーゼル(T.J.ミラー)、ブラインド・アル(レスリー・アガムズ)などお馴染みの面々が登場。この予告編映像は、ほかにも小ネタが詰め込まれているから必見だ。

また、合わせて到着した画像も“俺ちゃんワールド”全開。今回は1983年に公開され、主題歌も大ヒットとなったミュージカル映画『フラッシュダンス』をパロディ。主人公アレックスを演じたジェニファー・ビールスに降り注いでいたのは水だったのに対し、デップーが浴びているのは、なんと“薬きょう”の雨。アレックスのようにのけ反った身体で一身に浴びている姿は、どこか美しくも感じる!?


プロデューサーのサイモン・キンバーグが「どのアメコミとも異質なんだ」と語り、デッドプールを演じたライアン・レイノルズも「ほかのアメコミ映画ではなしえないことだ」と口を揃えるだけあって、ますます本編完成への期待が高まる予告編&画像となっている。

『デッドプール2』(仮題)は6月、全国にて公開。

デッドプール、『トイ・ストーリー』風に“相棒”紹介!新映像到着

《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top