日産のクロスオーバーEVコンセプト、GT-R凌ぐ最大トルク発揮! | Spyder7(スパイダーセブン)

日産のクロスオーバーEVコンセプト、GT-R凌ぐ最大トルク発揮!

自動車 ニューモデル

日産 IMx KURO(ジュネーブモーターショー2018)
  • 日産 IMx KURO(ジュネーブモーターショー2018)
  • 日産 IMx KURO(ジュネーブモーターショー2018)
  • 日産 IMx KURO(ジュネーブモーターショー2018)
  • 日産 IMx KURO
  • 日産 IMx KURO
  • 日産 IMx KURO
  • 日産 IMx KURO
  • 日産 IMx KURO
日産自動車の欧州法人、欧州日産は、スイスで開催中のジュネーブモーターショー2018で初公開した『IMx KURO』に、新開発のEVパワートレインを搭載すると発表した。

同車は、日産が東京モーターショー2017でワールドプレミアしたクロスオーバーEVのコンセプトカー、『IMx』の進化バージョン。「黒」をテーマに、ブラック仕上げのトリムとホイール、ダークグレーのボディカラーを採用。グリルもよりソリッドなデザインに変更した。

このIMx KUROのEVパワートレインは、高出力モーター2基を前後に搭載したツインモーター4WD。最大出力は435hp、最大トルクは71.4kgmを引き出す。日産によると、71.4kgmの最大トルクは、日産『GT-R』の65kgmを凌ぐという。

また、IMx KUROのバッテリーには、エネルギー密度をさらに高めた大容量バッテリーを採用。1回の充電での航続は、最大600km以上を確保している。

最大出力435hp、最大トルク71.4kgmの高出力を受け止めるために、EV専用プラットフォームを開発。ボディやシャシー、低重心パッケージを導入し、クロスオーバー車であることを感じさせないフットワークを追求した、としている。

GT-R よりもトルクフル、日産のクロスオーバーEVコンセプト…ジュネーブモーターショー2018

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top