ジェームズ・ボンドもびっくり!! アストンマーティンに直6エンジン復活の噂 | Spyder7(スパイダーセブン)

ジェームズ・ボンドもびっくり!! アストンマーティンに直6エンジン復活の噂

自動車 新車スクープ
アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
この所、『ヴァルカン』や『ヴァルキリー』などのスーパーカーで話題を振るまいている、英アストンマーティンが、直列6気筒エンジン搭載のエントリーモデルを発売するというレポートを入手した。

アストンマーティンと言えば、V8エンジンやV12エンジンのイメージが強く、最近では『DB11』がメルセデスAMG製のV8エンジン搭載モデルを追加し話題となった。しかし、1963年に発売された『DB5』には直6エンジンが搭載されている。「DB5」と言えば、映画007シリーズ「ゴールドフィンガー」や「サンダーボール作戦」などに登場し、代表的ボンドカーとして有名だ。その後『DB6』、『DB7』にも搭載されている、アストンマーティンにとって伝統的エンジンでもある。

噂では、メルセデスAMG製の直列6気筒マイルドハイブリッドエンジンが新型モデルのエントリーモデルとして設定される可能性がると言う。以前この噂があった時、アストンマーティンは否定していたが、今度は信憑性が高いと言う。やはり欧州における排出ガス規制対策が一番の目的のようだ。

アストンマーティンは今秋にも『ヴァンキッシュ』新型の登場が期待されているが、早ければ2019年にも、この「ヴァンキッシュ」のエントリーモデルとしてAMG製直6マイルドハイブリッドが投入される可能性もあるだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top