ポルシェ CEO、「2030年までには最もスポーティなモデルが電動化されている可能性」 | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ CEO、「2030年までには最もスポーティなモデルが電動化されている可能性」

自動車 テクノロジー

ポルシェのオリバー・ブルーメ会長
  • ポルシェのオリバー・ブルーメ会長
ポルシェのオリバー・ブルーメ会長は4月9日、2030年までには、ラインナップで最もスポーティなモデルが電動化されているかもしれない、と語った。同ブランド伝統のモデル、『911』すら電動化されているかもしれないという。

すでにポルシェは、電動パワートレイン車の開発に、2022年までに60億ユーロ以上を投資すると発表。ポルシェは2022年までに、EVとプラグインハイブリッド車(PHV)のラインナップを拡大する方針。60億ユーロ以上の資金は、このエレクトロモビリティの強化に充当される。

なお、ポルシェの電動化計画は911にも例外なく適用される。現在、開発を進めている次期911(開発コードネーム「992」型)では、歴代モデルで初めて、電動パワートレイン車が設定される見通し。その内容は、PHVが有力だ。

ポルシェのオリバー・ブルーメ会長は、「次の10年は、内燃機関と代替パワートレインの併用が増加するだろう」と述べている。

もっともスポーティなポルシェ、2030年には電動化 会長談

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top