中山美穂、『蝶の眠り』舞台挨拶...主演の決め手は監督からのラブレター | Spyder7(スパイダーセブン)

中山美穂、『蝶の眠り』舞台挨拶...主演の決め手は監督からのラブレター

中山美穂の5年ぶりの主演作となった映画『蝶の眠り』のプレミア試写会が4月12日(木)に行われ、主演の中山さんをはじめ石橋杏奈、勝村政信、永瀬正敏、新垣隆、チョン・ジェウン監督が登壇した。

映画 公開情報
『蝶の眠り』プレミア試写会(C)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS
  • 『蝶の眠り』プレミア試写会(C)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS
  • 『蝶の眠り』プレミア試写会(C)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS
  • 『蝶の眠り』プレミア試写会(C)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS
  • 『蝶の眠り』プレミア試写会(C)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS
  • 『蝶の眠り』(C)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS
  • 『蝶の眠り』(C)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS
  • 『蝶の眠り』(C)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS
中山美穂の約5年ぶりの主演作となった映画『蝶の眠り』のプレミア試写会が4月12日(木)に行われ、主演の中山さんをはじめ石橋杏奈、勝村政信、永瀬正敏、チョン・ジェウン監督、そして音楽監督を務めた新垣隆が登壇した。



■中山美穂、5年ぶりの映画主演! 決め手は監督からの“ラブレター”
今作が実に5年ぶりの映画主演作となった中山さんが演じるのは、遺伝性アルツハイマーを患う50代の女性小説家・松村涼子。中山さんは「チョン・ジェウン監督が“ラブレター”をくれたんです。どうして私をキャスティングしたのか、どれほど『Love Letter』という映画が好きかという熱いメッセージがすべて日本語で書かれていて、とても感動したんです。そうしてこの役を引き受ける決心をしました」と監督から熱烈なラブコールがあったことを告白。


『子猫をお願い』で知られる本作の監督チョン・ジェウンは、「韓国では日本の映画といって1番に名前が出てくるのは『Love Letter』、そして日本の女優といって1番に名前が挙がるのも中山美穂さんです。人気はもちろんですが、女性としての力や意味のある演技をできる実力も兼ね備えた女優は彼女しかいないと思いオファーをさせていただきました」と出演依頼の経緯を明かしている。

■実力派の永瀬正敏&勝村政信、注目女優・石橋杏奈も参加
また、キム・ジェウクが演じるチャネのバイト先の居酒屋店長役で友情出演した永瀬さんは、「本当にちょっとしか出ていないんですけど、瞬きをせずに見ていただけたら」とアピール。主演の中山さんとは30年来の友人だそうで、中山さんは永瀬さんの出演を知った際、「あ! 永瀬くんだ! と思って連絡したら『美穂が出るからやることにしたんだよ』と言ってくれて有難いなぁって思いました」と嬉しそうに話すと、「普段は永瀬“くん”なんて呼ばないくせに(笑)」と永瀬さんからツッコミを入れるなど、仲の良さが垣間見える一幕が。


そして、涼子の同僚である大学教授・石井役の勝村さんは、本作の撮影に入る前にも中山さんと舞台で共演していたそう。その際は全く違う役柄だったと言うが、「でも撮影現場で会ったときにしっかりと涼子になりきっていたので、すごい女優さんだなぁと。とても不思議な役者さんで、同じ目なのに同じ目に見えない演技ができる女優さんですね」と中山さんの印象を明かす。

さらに、大学で涼子の授業を受ける生徒・アンナ役の石橋さんは、「初めて同じ名前の役を演じることができて嬉しかったです! チャネと仲の良いアンナを演じるにあたり、ジェウクさんといろいろ話し合ってから演技プランを立てました。2人で練習してから本番に挑むという経験はこれまであまりなかったので、とても新鮮に感じました」と撮影をふり返り、中山さんと実は同い年だという新垣さんは、自身初となる映画音楽を手掛けたことについて、「映画や映像に音楽をつける仕事に若いときから憧れていたので、今回このお仕事の依頼をいただけてとても光栄です」と挨拶。

■キーワード“お久しぶりです!”が現場でも流行!?
公開中の予告編でも登場する映画の中のキーワードとなる「お久しぶりです!」というセリフが撮影現場で流行し、スタッフみんなが挨拶代わりに使っていたそう。チョン・ジェウン監督は、『Love Letter』の「お元気ですか?」というセリフが韓国で一世を風靡したことにあやかり、「ぜひこのセリフを日本でも流行らせたい」とコメント。観客と登壇者とでコール&レスポンスも行われていた。

そして最後に中山さんは、「とても静かで小説のように流れていく物語です。終わった後に自分の人生を少し考えてしまうはず。美しい映像と音楽も素敵ですし、気に入っていただけたらぜひお友だちにすすめていただきたいです」と締めくくった。

『蝶の眠り』は5月12日(土)より角川シネマ新宿ほか全国にて公開。

中山美穂、監督の熱烈ラブコールに「とても感動」『蝶の眠り』舞台挨拶

《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top