3夜の奇跡...シンガポールで人気絶大のシェフが日本料理の名店とコラボディナー開催へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

3夜の奇跡...シンガポールで人気絶大のシェフが日本料理の名店とコラボディナー開催へ!

話題 イベント

「Odette」料理イメージ
  • 「Odette」料理イメージ
  • 左:日本料理「雲海」店内 右:同店の料理イメージ
  • 左:「雲海」料理長の吉安健氏 右:「Odette」のシェフ ジュリアン・ロイヤー氏
  • 「Odette」料理イメージ
東京・赤坂にある「ANAインターコンチネンタルホテル東京」の日本料理店「雲海」で、5月24日(木)、25日(金)、26 日(土)の3夜にわたり、「雲海の伝統和食×Odette オデットのモダンキュイジーヌ 初夏の夕べ」と題したコラボレーション・ディナーが開催される。「雲海」料理長の吉安健氏と、世界的な美食の街シンガポールで人気絶頂のモダン・フレンチレストラン「Odette」のシェフ、ジュリアン・ロイヤー氏の華麗なるコラボレーションを堪能できる。

様式美と繊細な味わいに定評がある「雲海」とシンガポールの人気モダン・フレンチシェフがコラボ!
「雲海」は、器・素材・盛り付け、そして味わいのすべてに、様式美と繊細なまでのこだわりを追求した伝統的な会席料理を提供し、30余年にわたり、顧客から高い評価を得てきた日本料理店だ。一方、シンガポールの「Odette」は、ミシュラン二つ星に加え、今年3月に発表された「Asia’s 50 Best Restaurants2018」で第5位を獲得し、いまシンガポールで最も注目を集める。フランス出身のシェフ、ジュリアン・ロイヤー氏は、クラシカルなフランス料理の技術をベースに、世界中の様々な食材を扱った新しい料理を提案しており、日本の食材や調味料にも精通。中でも北海道産雲丹を使った「Hokkaido Uni」は、素材の特性をシンプルかつ最大限に引き出すロイヤー氏のシグネチャー料理の一つとして知られている。


「初夏の日本」をテーマに、日本料理ならではの食材が華麗なるハーモニーを生み出す
今回のコラボレーションディナーは、インターコンチネンタルブランドメッセージを伝える映像シリーズ「インターコンチネンタルライフ ストーリー」のなかで、シンガポールの最先端のグルメシーンとして「Odette」が紹介されたことがきっかけとなり実現した特別なイベント。

「雲海」料理長の吉安健氏と、「Odette」のシェフ、ジュリアン・ロイヤー氏が、「初夏の日本」をテーマに、それぞれ交互に4品ずつと、2人で創り上げる1品で構成する特別メニューを披露する。

鰻や鱧、鮎、雲丹、海老、鮑といった日本の旬の食材が、伝統和食とモダン・フレンチ、それぞれの技法を駆使して料理された特別コースは、新しい「初夏の日本」を感じられる創造性あふれる内容に仕上がった。最先端の食のトレンドを体験できる本イベントは、定員40名。興味のある人はぜひ早めの予約をおすすめしたい。

「雲海の伝統和食×Odette のモダンキュイジーヌ 初夏の夕べ」 概要
日時:5月24日(木)・25日(金)19:00受付/19:30開宴
   5月26日(土)18:30受付/19:00開宴
会場:日本料理「雲海」(東京都港区赤坂1-12-33 ANAインターコンチネンタルホテル東京 3階)
アクセス:東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅下車徒歩約5分
料金:特別ディナーコース 1人 18,000円(サービス料・消費税別)
   ※ワイン及び日本酒のペアリング 1人 8,000円(同上)も用意。
人数:40名様 ※要予約。定員になり次第締め切り。
予約・お問い合わせ:レストラン予約センターにて受付中

シンガポールで人気絶大のシェフが日本料理の名店とコラボディナー開催!

《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top