10月登場か!? ルノー「ルーテシア」次期型、目玉はクーペボディ&メルセデスと共同開発の新エンジン! | Spyder7(スパイダーセブン)

10月登場か!? ルノー「ルーテシア」次期型、目玉はクーペボディ&メルセデスと共同開発の新エンジン!

ルノーの欧州Bセグメント・ハッチバック『クリオ』(日本名:ルーテシア)次期型の開発車両を、カメラが捉えた。スタイル刷新に新エンジンなど、6年振りのフルモデルチェンジとなる第5世代は、話題のモデルとなりそうだ。

自動車 新車スクープ
ルノー ルーテシア 次期型スクープ写真
  • ルノー ルーテシア 次期型スクープ写真
  • ルノー ルーテシア 次期型スクープ写真
  • ルノー ルーテシア 次期型スクープ写真
  • ルノー ルーテシア 次期型スクープ写真
  • ルノー ルーテシア 次期型スクープ写真
  • ルノー ルーテシア 次期型スクープ写真
  • ルノー ルーテシア 次期型スクープ写真
  • ルノー ルーテシア 次期型スクープ写真
ルノーの欧州Bセグメント・ハッチバック『クリオ』(日本名:ルーテシア)次期型の開発車両を、カメラが捉えた。スタイル刷新に新エンジンなど、6年振りのフルモデルチェンジとなる第5世代は、話題のモデルとなりそうだ。

次期型では、ルノー日産の「CFM」プラットフォーム最新バージョンが採用され、大幅に商品力を高める。

捉えた開発車両のカモフラージュは厳重だが、現行モデルよりリアウィンドウが寝かされており、クーペ感が強いイメージになる。鋭い薄型ヘッドライトを持ち、ルノーのEVコンセプト『SYMBIOZ』(シンビオズ)からインスパイアされた新型『メガーヌ』とも共通するフロントマスクになると噂されている。

室内では、大型ディプレイを備えるインフォテイメントシステムを搭載し、デジタルクラスタが採用される可能性も高い。自動運転技術では、「レベル2」が確実視されている。

パワートレインはバリエーションが豊富だ。既存の0.9リットルTCeエンジンは、新開発1リットルエンジンに置き換えられる他、メルセデスと共同開発した1.3リットル直列4気筒ターボエンジン「M282型」のルノー版が予想される。さらに0-100km/h加速7秒以内の1.6リットルターボチャージャー、マイルドハイブリッドモデル、EVもラインアップが期待されている。

VW『ポロ』やフォード『フィエスタ』などが並ぶBセグメントでのEVはまだ少なく、大きなアドバンテージとなりそうだ。

ワールドプレミアの場は、9月のパリモーターショーとレポートされているが、偽装の重さからも遅れる可能性もあるだろう。

ルノー ルーテシア 次期型、目玉はEV&メルセデスと共同開発の新エンジン

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top