若きハン・ソロ&チューバッカもおめかし!カンヌ“SWの聖地”に凱旋 | Spyder7(スパイダーセブン)

若きハン・ソロ&チューバッカもおめかし!カンヌ“SWの聖地”に凱旋

ハン・ソロの“知られざる若き日”を描く「スター・ウォーズ」最新作『ハン・ソロ /スター・ウォーズ・ストーリー』が、世界三大映画祭の一つである第71 回カンヌ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門にて特別上映。

映画 公開情報
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』inカンヌ (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』inカンヌ (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』inカンヌ (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』inカンヌ (C)Getty Images
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』inカンヌ (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』inカンヌ (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
ハン・ソロの“知られざる若き日”を描く「スター・ウォーズ」最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が、世界三大映画祭の一つである第71回カンヌ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門にて特別上映。レッドカーペットに、若きハン・ソロ役のオールデン・エアエンライク、謎の美女キーラ役のエミリア・クラークはもちろん、ハン・ソロの相棒チューバッカもブラックの蝶ネクタイで登場し会場を沸かせた。



■カンヌにおける「スター・ウォーズ」の聖地でお披露目!


会場となったのは、カンヌにあるパレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ。ここは過去に『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、続く『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』も上映された場所であり、会場前の石畳には様々な映画スターたちの手形がはめられている中に「スター・ウォーズ」に多大な影響を与えた黒澤明監督の手形も残されている。

まさにフランスの「スター・ウォーズ」の聖地ともいえる場所で、今回、上映を迎えることとなった。会場に入る大きな階段から約60mのレッドカーペットが敷かれ、世界中の報道陣が集結。いよいよレッドカーペットイベントが始まると、本作でブレイク間違いなしの主演オールデン・エアエンライク、「ゲーム・オブ・スローンズ」で世界的人気を誇るエミリア・クラーク、ラッパー「チャイルディッシュ・ガンビーノ」としても知られるランド・カルリジアン役のドナルド・グローヴァー、『スリー・ビルボード』のウディ・ハレルソン、「ウエストワールド」にも出演するタンディ・ニュートン、そしてメガホンを取ったロン・ハワード監督らが続々登場。


特に、ひと際目を引いたのは“正装”したチューバッカの姿。劇中では観られない、ブラックの蝶ネクタイを身に着けて登場し、大きな歓声と拍手を浴びていた。


オールデンは栄えあるカンヌ国際映画祭での上映について、「19歳の時にもカンヌ国際映画祭に来たことがあるんだ」と告白(フランシス・F・コッポラ監督『テトロ 過去を殺した男』が監督週間出品)。「でも今回は本作の出演者のみんなやスタッフたちとこんなに素敵な場所に来られて嬉しいよ」と、「スター・ウォーズ」作品で来られたことに感慨深げな様子。

また、レッドカーペットイベントの後には豪華スターたちが集まるパーティーも行われ、オールデンやエミリアらキャスト陣は華やかな姿でパーティーも楽しんでいた。

■ロン・ハワード監督「反応が素晴らしくてホッとしている」
先日、ワールドプレミアで本作が初お披露目されると、世界中からは絶賛の声が相次いだ。オールデンは「この作品には本当にユーモアや楽しさが詰まっていて、とても面白い作品なんだ。僕が演じる若きハン・ソロが数々の教訓を学びながら、あの誰もが知っているハン・ソロに変わっていく姿を見られるよ。とにかく皆さんがこの映画を観て、楽しい時間を過ごし喜んでくれたら嬉しい」とコメント。

さらにハワード監督も「作品のリアクションが素晴らしくて、ホッとしているよ。映画に関わった全員が自分たちの持っている全てを出し切ろうとしてきたんだ。本作は他のSW 作品を見ていなくても、とても楽しめる作品になっているんだ。だけど、世界中のファンの皆さんには、この作品がファンをものすごく尊重したものだと分かるはず。細かい知識が尊敬とともに込められているからね。初めての人も昔からのファンも楽しんでもらえると思うよ」と、現在の心境を明かした。


まだまだ目が離せない本作。ハリウッドでのワールドプレミアに続き、カンヌ国際映画祭、ロンドンプレミアと世界中を駆け巡るワールドツアーが続き、ツアーの締めくくりにはオールデン、エミリア、ハワード監督らが来日する日本でのジャパンプレミアが予定されている。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は6月29日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top