アウディ S8が電動化へ...パナメーラ ターボS Eパイブリッド搭載で650馬力発揮 | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディ S8が電動化へ...パナメーラ ターボS Eパイブリッド搭載で650馬力発揮

自動車 新車スクープ

アウディ S8 スクープ写真
  • アウディ S8 スクープ写真
  • アウディ S8 スクープ写真
  • アウディ S8 スクープ写真
  • アウディ S8 スクープ写真
  • アウディ S8 スクープ写真
  • アウディ S8 スクープ写真
  • アウディ S8 スクープ写真
  • アウディ S8 スクープ写真
アウディのフラッグシップ4ドアサルーン『A8』の高性能モデル『S8』次期型が、ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

捉えた開発車両は、ベースモデルとあまり変化はなく、専用のフロントバンパーやエアダクト、クワッドエキゾーストパイプを装備する程度だ。但し、生産モデルには、さらなるエアロパーツが装着されることが予想される。

次期型のパワートレインは、ダウンサイジングされる直列6気筒エンジンも噂されるが、ポルシェ『パナメーラターボ』から流用される4リットルV型8気筒エンジンが有力で、最高出力は550psへ向上する。ハイライトは、同じくポルシェ『パナメーラターボS Eハイブリッド』のシステムを移植した『S8 e-tron』の設定だ。最高出力は650ps程度が予想され、現行モデルに設定されているハイパフォーマンスモデル、『S8 Plus』の後継モデルとして新たに設定されると言う。

テクノロジーでは、12個の超音波センサーやレーザースキャナーなどによる「レベル3」自動運転技術、「アウディAIトラフィックジャムパイロット」が搭載される他、ベースモデルのA8から流用される40以上の先進運転システムが採用される。

ワールドプレミアの場は、2019年3月のジュネーブモーターショーと予想されている。

アウディ S8 も電動化か…ポルシェのハイブリッド搭載で650馬力

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top