圧倒する高性能...2019年公開予定、ポルシェ 911ターボ カブリオレ新型を初スクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

圧倒する高性能...2019年公開予定、ポルシェ 911ターボ カブリオレ新型を初スクープ!

自動車 新車スクープ

ポルシェ 911ターボカブリオレ スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボカブリオレ スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボカブリオレ スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボカブリオレ スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボカブリオレ スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボカブリオレ スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボカブリオレ スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボカブリオレ スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボカブリオレ スクープ写真
ポルシェ『911カブリオレ』次世代型(992型)の高性能モデル、『911ターボ カブリオレ』新型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

『911スピードスター』開発車両と共に捉えたプロトタイプは、フロントバンパーに3つのエアダクト、その上に薄いLEDデイタイムランニングライトの他、アクティブ・リアウィングやLEDストリップライトなど、「911ターボ」次期型と殆ど変わりはない。プラットフォームには最新世代の「MMB」を採用し、トレッドをワイド化。高速走行での安定向上が図られるはずだ。

異なるのは、ソフトトップを備えることにより、リアクォーターウィンドウは削除され、ボディはルーフ後部に沿って上向きにアーチを描いている点。また円形の大口ツインエキゾーストパイプもカブリオレ専用となっている。

コックピットには、タコメーター以外はデジタル・インストルメント・クラスタが採用され、アウディの「バーチャルコックピット」に近いシステムとなる。これは992世代モデル共通となるはずだ。

パワートレインは、3リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は600psへ圧倒的に向上する。最高速度は320km/h、0-100km/h加速は2.5秒とも噂されている。また頂点に君臨する「ターボS」は最高出力630psを発揮し、ランボルギーニ『ウラカンスパイダー』やフェラーリ『488スパイダー』と市場で戦うことになるだろう。

ポルシェ 911ターボ カブリオレ新型を初スクープ…ランボ、フェラーリ標的に

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top