ポルシェ車第一号記念モデルか!復活の「スピードスター」、限定1948台の意味とは | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ車第一号記念モデルか!復活の「スピードスター」、限定1948台の意味とは

現在ポルシェは、『911』次世代型の開発が終盤を迎えているが、現行モデル(991型)に最終派生モデルとなる『911スピードスター』を設定する。その最終プロトタイプをカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
ポルシェ 911スピードスター スクープ写真
  • ポルシェ 911スピードスター スクープ写真
  • ポルシェ 911スピードスター スクープ写真
  • ポルシェ 911スピードスター スクープ写真
  • ポルシェ 911スピードスター スクープ写真
  • ポルシェ 911スピードスター スクープ写真
  • ポルシェ 911スピードスター スクープ写真
  • ポルシェ 911スピードスター スクープ写真
  • ポルシェ 911スピードスター スクープ写真
現在ポルシェは、『911』次世代型の開発が終盤を迎えているが、現行モデル(991型)に最終派生モデルとなる『911スピードスター』を設定する。その最終プロトタイプをカメラが捉えた。

「スピードスター」は、ポルシェ伝統の限定モデルで、2010年の997型以来、8年振りの登場となる。ポルシェは、1948年、2シーターのロードスター「356.001」を試作した。これがポルシェの名を冠した初めての車だ。これは「ポルシェNo.1」と呼ばれておりいわばスピードスターの元祖と言える。今年はポルシェにとって70周年記念であると共に、スピードスターにとっても記念イヤーとなる。これにちなみ新型スピードスターは誕生年と同じ1948台の限定生産になるのではと囁かれている。

捉えたプロトタイプは、後部ルーフカバーを「カブリオレ」風にカモフラージュしている他、フロントバンパーも「GT3」のものが取り付けられている。しかし低められたフロントウィンドウからもカブリオレでないことは明白。市販モデルでは、ソフトトップを収納する「ダブルバブル」ハードカバーをリアデッキに装備し、美しいボディシルエットを披露してくれるはずだ。

パワートレインは、「GTS」から引き継がれる、3リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力450ps、最大トルク550Nmを発揮する。軽量化により、GTS以上のパフォーマンスも確実視されている。

ワールドプレミアは、7月12日から開催される、英国「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」と予想されている。

ポルシェ 911スピードスター、新型は限定「1948台」? その数字に込められた意味とは

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top