これが実車だ!BMW 3シリーズ新型、フロントマスクは「i8」っぽく | Spyder7(スパイダーセブン)

これが実車だ!BMW 3シリーズ新型、フロントマスクは「i8」っぽく

世界が注目する新型BMW『3シリーズ』の最新プロトタイプが、これまでで最もカモフラージュを軽くした状態で姿を見せた。新型のボディシルエットがくっきりと確認できる。

自動車 新車スクープ
BMW 3シリーズ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ スクープ写真
  • BMW 3シリーズ スクープ写真
世界が注目する新型BMW『3シリーズ』の最新プロトタイプが、これまでで最もカモフラージュを軽くした状態で姿を見せた。新型のボディシルエットがくっきりと確認できる。

フロントマスクは薄型ヘッドライト、ワイドなキドニーグリル、ノーズに向かって滑らかなラインのボンネットフードなど、デトロイトモーターショーで公開された『i8クーペ』改良新型を彷彿させるフロントマスクとなる。リアビューには、ボディサイドへ向かいラウンドするトランクリッドやL字型テールライトなど、かなりスポーティなデザインが見て取れる。

次期型では、「CLAR」プラットフォームを採用し、ホイールベースを延長。88ポンド(約40kg)の軽量化が図られる。室内には、BMWグループが「デジタルデイ2018」で発表したばかりの、次世代デジタルコックピット、「BMWオペレーティングシステム7.0」を搭載。フルデジタル・インストルメントクラスタを採用している。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ターボ・ガソリン&ディーゼルエンジンを設定する他、1.5リットル直列3気筒、及び2リットル直列4気筒ガソリンエンジンと組み合わされる2種類の48Vマイルドハイブリッドモデルの噂も。「xDrive」を備える上位モデルの『M340i』には、最高出力375psとも噂される直列6気筒エンジンのラインアップが有力。さらに90kWh大容量バッテリーを搭載、航続距離500kmというEVモデルも期待されている。

テスト車両の偽装具合からも、ワールドプレミア10月のパリモーターショーが有力だろう。ハイパフォーマンスモデル『M3』の登場は、2019年後半から2020年前半と見られていいる。

BMW 3シリーズ 新型、ついに実車を目撃!フロントマスクは「i8」似?

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top