トヨタ クラウン 新型、パワートレイン概要発表![特集写真] | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ クラウン 新型、パワートレイン概要発表![特集写真]

トヨタ自動車は8日、上級セダンの新型『クラウン』の商品概要を明らかにした。新型の開発方針は「クルマの機能を拡張するコネクティッド」「デザイン・走り安全性能の進化」の2軸で、クルマ造りを目指したという。

自動車 ニューモデル
トヨタ・クラウン新型のプロトタイプ
  • トヨタ・クラウン新型のプロトタイプ
  • トヨタ・クラウン新型のプロトタイプ
  • トヨタ・クラウン新型のプロトタイプ
  • トヨタ・クラウン新型のプロトタイプ
  • トヨタ・クラウン新型のプロトタイプ
  • トヨタ・クラウン新型のプロトタイプ
  • トヨタ・クラウン新型のプロトタイプ
  • トヨタ・クラウン新型のプロトタイプ
トヨタ自動車は8日、上級セダンの新型『クラウン』の商品概要を明らかにした。新型の開発方針は「クルマの機能を拡張するコネクティッド」「デザイン・走り安全性能の進化」の2軸で、クルマ造りを目指したという。

従来型クラウンは、ショーファーユースの「マジェスタ」、フォーマルな「ロイヤル」、パーソナルな「アスリート」の3仕様でラインナップが構成されていたが、新型ではこれらを1車種に統合、“The CROWN”を意図した。

パワートレインは3種類。まずトヨタブランド初の、3.5リットルV6「8GR-FXS」とマルチステージハイブリッドシステムとの組み合わせ。トランスミッションは10段変速制御(シーケンシャルシフトマチック10段+パドルシフト)で、後輪を駆動する。

次にこちらもクラウン初の設定となる2.5リットル「A25A-FXS」エンジン+ハイブリッドシステム。トランスミッションは電気式無段変速機(シーケンシャルシフトマチック6段+パドルシフト)で、後輪駆動と四輪駆動を選べる。

従来型の2.0リットル「8AR-FTS」直噴ターボエンジンも出力アップが図られたという。トランスミッションは8 Super ECT(シーケンシャルシフトマチック8段+パドルシフト)で、後輪駆動。

トヨタ クラウン 新型の概要発表---V6×ハイブリッドも[詳細画像]

《高木啓@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top