テスラ ロードスター 新型に小型ロケット10個を装着!加速向上「スペースX」発売へ | Spyder7(スパイダーセブン)

テスラ ロードスター 新型に小型ロケット10個を装着!加速向上「スペースX」発売へ

自動車 ニューモデル

テスラ・ロードスター新型
  • テスラ・ロードスター新型
  • テスラ・ロードスター新型
テスラのイーロン・マスクCEOは6月9日、新型EVスポーツカーのテスラ『ロードスター』に、「スペースX」パッケージを設定すると発表した。

2世代目となる新型テスラロードスターは、初代とは異なり、テスラのオリジナルデザイン。また新型では、頭上のガラスルーフを脱着するタルガトップを採用する。後席にシートを設けた4名乗りという点も、2シーターだった初代との違い。

動力性能は、初代に対して大幅に進化した。モーターやバッテリーなどのスペックは公表されていないが、0~96km/h加速は1.9秒、最高速は400km/h以上。1回の充電での航続はおよそ1000km。テスラによると、加速性能は世界一という。

テスラのイーロン・マスクCEOは6月9日、新型テスラロードスターに、スペースXパッケージを設定すると発表。スペースXはイーロン・マスクCEOが立ち上げた宇宙テクノロジー企業。このスペースXがロケット開発で得たノウハウを、新型テスラロードスターに投入する。

マスクCEOによると、スペースXパッケージでは、新型ロードスターに10個の小型ロケット推進システムを装着。これにより、加速や最高速、ブレーキ、コーナリングなどの各性能を劇的に引き上げる、としている。飛ぶかもしれない、とも。


テスラ ロードスター 新型に小型ロケット10個を装着…「スペースX」パッケージ設定へ

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top