10月デビューの可能性大!メルセデスGLE新型、無防備なスッピンマスクを激写 | Spyder7(スパイダーセブン)

10月デビューの可能性大!メルセデスGLE新型、無防備なスッピンマスクを激写

メルセデスベンツのミッドクラス・クロスオーバーSUV『GLE』新型を、ほぼフルヌードの状態で激写した。確定情報ではないものの、カモフラージュの軽さから鑑みるに、ワールドプレミアは10月のパリモーターショーとなる可能性が高い。

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ GLE 次期型 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLE 次期型 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLE 次期型 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLE 次期型 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLE 次期型 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLE 次期型 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLE 次期型 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLE 次期型 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLE 次期型 スクープ写真
メルセデスベンツのミッドクラス・クロスオーバーSUV『GLE』新型を、ほぼフルヌードの状態で激写した。確定情報ではないものの、カモフラージュの軽さから鑑みるに、ワールドプレミアは10月のパリモーターショーとなる可能性が高い。

捉えた最終プロトタイプは、現行モデルと異なり下へ向かって広がる形状のフロントグリルを装備。スクエア基調のヘッドライト、アグレッシブなフロントバンパーがデザインされている。グリルにはAMGスタイリングパッケージのようなシングルバーが装着されているのも特徴だ。

丸見えのリアビューで目を引くのは新形状の薄型テールライトだ。また新デザインのルーフスポイラーも装備されている。

室内のスパイショットには、高精細デュアルスクリーン・セットアップ、長方形の4つのエアコン吹き出し口、新型『Gクラス』と共有するステアリングホイールが確認出来る。その他調整可能な「アンビエントライティング」、Nvidia GPUと8GBのRAMを持つ、Linuxベースの「MBUX」インフォテインメントシステムなどが装備されるという。

パワートレインの目玉は『CLS450』から流用される、新開発の3リットル直列6気筒エンジン+ISG(インテグレーテッド・スターター・モーター)で、最高出力370psに22psの「EQ Boost」機能がアシストする。また 高性能モデル『AMG GLE63』には、最高出力571psを発揮する4リットルV型8気筒エンジンを搭載。ハイエンドモデル『AMG GLE63 S』は最高出力612psまで高められるとレポートされている。

メルセデスベンツ GLE 次期型、10月デビューか…すっぴん状態を激写

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top