アウディ「A1 スポーツバック」、7年ぶり新型を発表! | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディ「A1 スポーツバック」、7年ぶり新型を発表!

自動車 ニューモデル

アウディ A1 スポーツバック 新型
  • アウディ A1 スポーツバック 新型
  • アウディ A1 スポーツバック 新型
  • アウディ A1 スポーツバック 新型
  • アウディ A1 スポーツバック 新型
  • アウディ A1 スポーツバック 新型
  • アウディ A1 スポーツバック 新型
  • アウディ A1 スポーツバック 新型
  • アウディ A1 スポーツバック 新型
アウディは6月20日、新型『A1スポーツバック』を発表した。欧州では今夏から受注を開始し、今秋発売される予定。

アウディ『A1』は、アウディブランドの入門コンパクトハッチバックとして2010年春、ジュネーブモーターショー2010で3ドアがデビュー。2011年秋、東京モーターショー2011では、5ドアのA1スポーツバックが発表された。

今回、発表された新型A1は、2世代目モデル。新型には3ドアは用意されず、5ドアのA1スポーツバックのみの設定となる。およそ7年ぶりのモデルチェンジを受けて登場した。

新型A1スポーツバックのボディサイズは、全長4030mm、全幅1740mm、全高1410mm。現行(初代)モデルに対して、全幅はほぼ同じだが、全長は56mm延びた。新型には、アウディの新世代のデザイン言語を導入。空気抵抗係数は0.31を実現する。

インテリアは、コンパクトクラスの中で最もスポーティな内装を目指して開発。ドライバー重視の設計となっており、カスタマイズ可能なデザインを採用する。室内空間は現行モデルに対して拡大。とくに後席は、頭上と足元にゆとりを持たせた。トランク容量は335リットルで、現行比で65リットル拡大。後席を折り畳めば、最大で1090リットルに拡大する。

新型のパワートレーンは、直噴ガソリンターボエンジンのみ。最大出力は95hpから200hpまでとなる。トランスミッションは、6速Sトロニックが標準。オプションで7速デュアルクラッチのSトロニックも選択できる。

アウディ、A1 スポーツバック 新型を発表…7年ぶりのモデルチェンジ

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top