これが噂の「CSL」か!? BMW M4 GTS、過激武装した謎のモデルを目撃 | Spyder7(スパイダーセブン)

これが噂の「CSL」か!? BMW M4 GTS、過激武装した謎のモデルを目撃

BMWは高性能モデル「CSL」の名称を復活する計画だという。「CSL」は、「Coupe Sport Lightweight」の略で、BMW2ドア・スポーツの頂点に君臨するモデルだ。今回Spyder7編集部では、謎の『M4 GTS』プロトタイプをスクープすることに成功。どうやらこれが次期CLSのようだ。

自動車 新車スクープ
BMW M4 CSL プロトタイプスクープ写真
  • BMW M4 CSL プロトタイプスクープ写真
  • BMW M4 CSL プロトタイプスクープ写真
  • BMW M4 CSL プロトタイプスクープ写真
  • BMW M4 CSL プロトタイプスクープ写真
  • BMW M4 CSL プロトタイプスクープ写真
  • BMW M4 CSL プロトタイプスクープ写真
  • BMW M4 CSL プロトタイプスクープ写真
  • BMW M4 CSL プロトタイプスクープ写真
BMWは高性能モデル「CSL」の名称を復活する計画だという。「CSL」は、「Coupe Sport Lightweight」の略で、BMW2ドア・スポーツの頂点に君臨するモデルだ。今回Spyder7編集部では、謎の『M4 GTS』プロトタイプをスクープすることに成功。どうやらこれが次期CLSのようだ。

捉えたプロトタイプは、M4 GTSをベースとしている。だが、フロントには大型のフロントスプリンター、カナード、サイドスカート、フロントフェンダー上部と後部の大口のエアアウトレット、リアにはより背の高い固定式ウィング、アグレッシブなディフューザーなどを装備しており、ただならぬ雰囲気。CSL復活の情報、そして目撃したタイミングからして、これが「M4 CSL」のプロトタイプだと見て間違いないだろう。

M4 GTSは、M4をベースにさらなるパフォーマンスを追求したモデルで、強力なエアロダイナミクスとCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)ボンネットなどによる軽量化により、圧倒的なパフォーマンスを誇る。パワートレインは、最高出力500ps、最大トルク600Nmを発揮する3リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載する。0-100km/h加速は3.8秒、最高速は305km/h(リミッターあり)で、BMW史上最速レベルだ。これがM4 CSLとなれば、さらなる軽量化にパフォーマンス向上が確実視される。

ワールドプレミアは、2019年3月のジュネーブモーターショーと予想される。

これが噂の「CSL」か!? 過激すぎる謎のBMW M4 を目撃

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top