世界初!『ニュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサート、東京&大阪で上演決定 | Spyder7(スパイダーセブン)

世界初!『ニュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサート、東京&大阪で上演決定

『二ュー・シネマ・パラダイス』のイタリア公開30周年を記念して、この度、9月に東京と大阪でシネマ・コンサートが開催されることが決定。全世界に先がけて日本で初上演となる。

話題 イベント
『二ュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサート(C)1989 CristaldiFilm
  • 『二ュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサート(C)1989 CristaldiFilm
  • 『二ュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサート(C)1989 CristaldiFilm
  • 『二ュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサート(C)1989 CristaldiFilm
  • 『二ュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサート(C)1989 CristaldiFilm
往年の名作『ニュー・シネマ・パラダイス』のイタリア公開30周年を記念して、この度、9月に東京と大阪でシネマ・コンサートが開催されることが決定。『ニュー・シネマ・パラダイス』のシネマ・コンサートは、全世界に先がけて日本で初上演となる。

シネマ・コンサートとは、映画のセリフや効果音はそのままに、音楽パートをオーケストラが本編上映に合わせて生演奏するもので、映画をライブ感覚で楽しめるエンターテインメントだ。

イタリアの名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、若干29歳のときにメガホンを取った感動作『ニュー・シネマ・パラダイス』は、1988年にイタリアで公開、日本では翌1989年12月に東京・シネスイッチ銀座で単館ロードショーがスタート。シチリアの小さな映画館“新パラダイス座”を舞台に、トト少年(サルヴァトーレ・カシオ)と老映写技師・アルフレード(フィリップ・ノワレ)の温かい交流に感動の声が続出し、同館で40週に及ぶ異例のロングラン上映となる大ヒットを記録。また、日本国内における単一映画館での興行成績では、未だ破られていない最大動員数を誇っている。


そんな本作が絶大な支持を集める理由として、ひとつに数々の映画音楽を手がけた巨匠エンニオ・モリコーネの作った美しい劇中音楽が挙げられる。今回、日本で世界初演されるこのシネマ・コンサートでは、昨年末に日本で開催された「ラブ・アクチュアリー in コンサート」でもタクトを振ったティアゴ・ティべリオが指揮を、演奏は国内屈指の名門オーケストラ「東京フィルハーモニー交響楽団」が担当。さらなる感動がコンサートで甦る。

本公演のチケットは、7月21日(土)の一般発売に先駆け、すでに先着受付が開始されている。

『ニュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサート東京公演は9月15日(土)、16日(日)東京国際フォーラム ホールAにて、大阪公演は17日(月・祝)オリックス劇場にて上演。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top