土屋太鳳&芳根京子が罵り合う『累』...主題歌はAimerに【動画】 | Spyder7(スパイダーセブン)

土屋太鳳&芳根京子が罵り合う『累』...主題歌はAimerに【動画】

話題 イベント

『累-かさね-』(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社
  • 『累-かさね-』(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社
  • 『累-かさね-』(C) 2018「 累-かさね- 」製作委員会 (C) 松浦だるま/講談社
  • Aimer
  • 主題歌CDジャケット
注目の若手女優・土屋太鳳と芳根京子が、それぞれ1人2役=2人1役を演じる映画『累-かさね-』。この度、本作の主題歌をいま注目の女性シンガーAimer(エメ)が担当することが決定。主題歌「Black Bird」を使用した予告編も到着した。



今回、本作で自身初の映画主題歌を担当することになったAimerさんは、2011年にシングル「六等星の夜」でメジャーデビューを果たし、2016年には豪華アーティスト陣参加の4thアルバム「daydream」をリリースし、自身最高となるオリコン2位を記録。深みのあるハスキーボイスで若者を中心に多くのファンを魅了する、いま注目のシンガーだ。


そして今回、本作のために書き下ろされたAimerさんが歌う主題歌「Black Bird」は、主人公の心の叫びを儚くも力強く表現した、映画の世界観に浸れる楽曲。Aimerさんは「たったひとつの口紅のもとに為す術なくもつれ合い折り重なってゆく2人の女性の運命を、一足先に目撃させていただきました。憎み、怯え、絶望し、ときに泣きじゃくり咆哮し狂気を渦巻かせながら、それぞれの孤独の中で2人がもがき争うさまに、息を飲み見入りました。本当の美しさとは、醜さとは? ついつい問いかけてしまいます」と本作について語り、映画の主題歌を歌うことが夢だったという彼女は、「偶然にもわたしのデビュー日にあたる9月7日に公開される映画『累-かさね-』の世界を、『Black Bird』が彩れていたら本当に幸せです」とコメントしている。


到着した予告編では、土屋さんと芳根さんが“キス”で顔を入れ替えるシーンをはじめ、2人が激しく罵り合い、揉み合う衝撃場面も。ほかにも、「関ジャニ∞」横山裕、檀れい、浅野忠信ら共演陣のシーンも登場。ミステリアスかつシリアスな本作の内容に、Aimerさんのエモーショナルな歌声がマッチした映像に仕上がっている。


主題歌について土屋さんは、「エンドロールから流れるこの歌を聴いた時、夜明け前の、闇から光に変わろうとする空の色を思い出しました。累たちの世界を美しく引きずるこの歌はエンドロールの闇を更に切なくするけれど、同時に魂の傷を包み、前を向かせてくれる歌だと思います」とコメント。芳根さんは「衝撃でした。完成した映画を観た際に初めて聴かせていただいたのですが、エンドロールで流れてきたこの曲の『累-かさね-』の世界観を後押ししてくれる力強い歌声に、感情がとても昂ぶり、映画を観終わってもしばらく興奮状態が収まらなかったです!」と絶賛し、「劇中の累とニナのどちらの気持ちにも寄り添った歌詞に、撮影をしていた時に感じた『累の気持ち』、『ニナの気持ち』両方を思い出させられました」と語っている。

『累-かさね-』は9月7日(金)より全国東宝系にて公開。

Aimer 15th single「Black Bird / Tiny Dancers / 思い出は奇麗で」は9月5日(水)リリース。

土屋太鳳&芳根京子が罵り合う! 『累』主題歌はAimerに

《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top