スバル レガシィ、最新アイサイトを全車に標準化...米でMY2019発表 | Spyder7(スパイダーセブン)

スバル レガシィ、最新アイサイトを全車に標準化...米でMY2019発表

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは7月9日、『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)と『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)の2019年モデルを発表した。

自動車 ニューモデル
スバル レガシィ(レガシィB4)の2019年モデル
  • スバル レガシィ(レガシィB4)の2019年モデル
  • スバル レガシィ(レガシィB4)の2019年モデル
  • スバル レガシィ(レガシィB4)の2019年モデル
SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは7月9日、『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)と『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)の2019年モデルを発表した。

2019年モデルには、最新の「アイサイト」を全グレードに標準装備。従来、多くのモデルでオプションだったアイサイトを標準化することにより、安全性を引き上げている。

アイサイトは、フロントガラスの上部に2つのカメラを搭載。このカメラから得られたステレオ画像を処理して、前方を走行する車両、障害物、車線、その他の物体を認識する。アイサイトは、歩行者を検出することができ、衝突を軽減または回避する。特定の状況下では、アイサイトは車両を完全に停止させ、衝突を回避することができる。

レガシィ シリーズの2019年モデルでは、最新アイサイトとして、アダプティブクルーズコントロール、プリコリジョン自動ブレーキ、スロットルマネジメント、レーン逸脱警告、レーンキープアシストを全車標準装備した。

さらに、レガシィの「2.5iプレミアム」およびアウトバックの「プレミアム」グレードには、ブラインドスポットディテクション、レーンチェンジアシスト、リアクロストラフィックアラートをオプション設定。レガシィの「2.5iスポーツ」グレードには、後退時の自動ブレーキとハイビームアシストを用意している。

スバル レガシィ、最新アイサイトを全車に標準化…2019年型を米国発表

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top