電動化も示唆...日産GT-R次期型、「世界でもっとも早いスーパーカーになる」 | Spyder7(スパイダーセブン)

電動化も示唆...日産GT-R次期型、「世界でもっとも早いスーパーカーになる」

自動車 新車スクープ

GT-R 次期型 予想CG
  • GT-R 次期型 予想CG
  • Nissan GT-R50 by Italdesign
  • Nissan GT-R50 by Italdesign
  • Nissan GT-R50 by Italdesign
  • Nissan GT-R50 by Italdesign
  • Nissan GT-R50 by Italdesign
  • Nissan GT-R50 by Italdesign
  • Nissan GT-R50 by Italdesign
日本を代表するスーパースポーツ、日産『GT-R』次期型に関する情報を英Autocar誌が入手した。グッドウッド・フェスティバルで、日産の設計責任者アルフォソン・アルバイサ氏のインタビューに成功したようだ。

それによると「GT-R」次期型は、先日公開されたイタルデザインと共同開発した『Nissan GT-R50 by Italdesign』からインスパイアされたデザインとなり、世界最速のスーパースポーツを目指し開発を進めるという。またパワートレインが電動化されることも示唆したようだ。

これらの最新情報は、Spyder7編集部が2017年に入手した情報とリンクしている部分もある。当時予想したパワートレインは、3リットルV型6気筒ツインターボ「R30」エンジンと「R-ハイブリッド」を組み合わせ、最高出力は700ps超えというものだった。また予想したエクステリアは、バンパーのエアインテーク形状こそ「GT-R50」と異なるが、縦に伸びるヘッドライト、ボンネットのエアーバルジはそのデザインを継承しているようだ。

予想価格は2000万円超えも予想され、開発が順調に進めば、ワールドプレミアは2020年内が期待される。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top