レクサスLC初の改良新型と共に「カブリオレ」設定へ!発売は2020年が有力 | Spyder7(スパイダーセブン)

レクサスLC初の改良新型と共に「カブリオレ」設定へ!発売は2020年が有力

レクサスのフラッグシップ・2ドアクーペ『LC』が初のフェイスリフトを迎えるタイミングに合わせ、新たに「カブリオレ」が設定される可能性が高いことが分かった。

自動車 新車スクープ
レクサス LC のマイナーチェンジと同時に発表が予想される「LCカブリオレ」予想CG
  • レクサス LC のマイナーチェンジと同時に発表が予想される「LCカブリオレ」予想CG
  • レクサスLC500(現行型クーペ)
  • レクサスLC500(現行型クーペ)
  • レクサスLC500h(現行型クーペ)
  • レクサスLC500h(現行型クーペ)
レクサスのフラッグシップ・2ドアクーペ『LC』が初のフェイスリフトを迎えるタイミングに合わせ、新たに「カブリオレ」が設定される可能性が高いことが分かった。

レクサスLCは2016年1月のデトロイトモーターショーで初公開された後、2017年3月に日本市場でデビュー。「GA-L(Global Architecture-Luxury)プラットフォーム」を初採用した、ラグジュアリーかつスポーティなフラッグシップクーペだ。デビュー当時からオープンモデル設定の噂はあったが、ついに発売が現実となりそうだ。

Spyder編集部では、入手したカブリオレに関する情報を元に、期待を込めた予想CGを制作した。

何といっても注目はルーフをとっぱらったオープントップスタイルだ。流麗なLCのクーペスタイルはそのままに、よりグラマラスなカブリオレボディとした。

ボディサイドは大胆にえぐったデザインで空力アップを想定。フロントもスピンドルグリル、コーナーエアインテークを若干拡大し迫力を出した。またV型LEDの位置をトップに変更、サイズも大幅アップし、存在感をアピール。ライト周りのカバーも下部を伸ばし、高級感漂うカーボン仕上げとした。想定される輸入系オープンモデルのライバルたちと比べても遜色のない存在感を放つことになるだろう。

パワートレインは、3リットルV型6気筒ターボエンジンを搭載、最高出力は450ps程度が予想される。LCクーペは2019年にフェイスリフトがおこなわれる見込みだが、同時にカブリオレを設定し、2020年に日本市場への投入が予想される。

レクサス LC に待望の「カブリオレ」登場へ…発売は2020年か

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top