生まれ変わるVW次世代商用バン「T7」、まずはGTEハイブリッドをキャッチ! | Spyder7(スパイダーセブン)

生まれ変わるVW次世代商用バン「T7」、まずはGTEハイブリッドをキャッチ!

フォルクスワーゲン伝統の商用バン、「Tシリーズ」が最新世代へバトンタッチされる。欧州では、日本の『ハイエース』的な人気を誇るトランスポーターだが、次世代モデルでは劇的進化が見られそうだ。

自動車 新車スクープ
VW T7 スクープ写真
  • VW T7 スクープ写真
  • VW T7 スクープ写真
  • VW T7 スクープ写真
  • VW T7 スクープ写真
  • VW T7 スクープ写真
  • VW T7 スクープ写真
  • VW T7 スクープ写真
  • VW T7 スクープ写真
フォルクスワーゲン伝統の商用バン、「Tシリーズ」が最新世代へバトンタッチされる。欧州では、日本の『ハイエース』的な人気を誇るトランスポーターだが、次世代モデルでは劇的進化が見られそうだ。

今年6月には、初めてのプロトタイプをスクープしたが、今回捉えた最新の開発車両もまだ『T6』(T5の改良型)のミュールボディだ。しかし、フロントバンパーやホイール、ヘッドライトに変化が見られ、少しずつ進化していることがわかる。

そして何より、左のフロントウィンドウに「Hybrid」のステッカーが貼られており、電動化第一弾となる「GTEハイブリッド」の可能性が高い。

Tシリーズは、1950年に第一世代『T1』が発売されて以降、1967年に『T2』、1979年に『T3』、1990年に『T4』、2003年には『T5』と進化を続け、現在のT6に至る。

次世代型となる第7世代では、VWの最新「MQB」プラットフォームを採用し軽量化、高剛性化と共に、フロントグリル、LEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライト、テールライトなどエクステリアもスタイリッシュに進化するはずだ。

駆動方式はFFと4WDを採用し、多数のボディバージョンが用意される。パワートレインは、2リットル直列4気筒ターボディーゼルを始め、ガソリンエンジン、GTEハイブリッド、そしてEVなど電動化へ大きくシフトする。

新型の登場は2020年と見られており、近く生産型の開発車両も捉えることが出来るはずだ。

欧州のハイエースがついに電動化! VWの次世代Tシリーズ、開発車両をキャッチ

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top