1000馬力の次世代ミッドシップ・モンスター...シボレー コルベット次期型を激写! | Spyder7(スパイダーセブン)

1000馬力の次世代ミッドシップ・モンスター...シボレー コルベット次期型を激写!

アメリカン・スポーツの代表モデル、シボレー『コルベット』次期型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
シボレー コルベット 次期型(C8)はミッドシップ化でその歴史を大きく変える
  • シボレー コルベット 次期型(C8)はミッドシップ化でその歴史を大きく変える
  • シボレー コルベット 次期型(C8)スクープ写真
  • シボレー コルベット 次期型(C8)スクープ写真
  • シボレー コルベット 次期型(C8)スクープ写真
  • シボレー コルベット 次期型(C8)スクープ写真
  • シボレー コルベット 次期型(C8)スクープ写真
  • シボレー コルベット 次期型(C8)スクープ写真
  • シボレー コルベット 次期型(C8)スクープ写真
アメリカン・スポーツの代表モデル、シボレー『コルベット』次期型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

2016年から目撃されている次期コルベットのプロトタイプ。これまではテストミュール(仮のボディ)や厳重なカモフラージュをまとっていたが、ついに生産仕様と思しき姿をキャッチした。

釣り上がる薄型のヘッドライト、大口のコーナーエアインテークを備えており、現行モデルとは全く異なるフロントマスクとなっている。またワイドなサイドミラーやホイール、リアウィングは生産仕様と思われる。
そして注目がサイドビューだ。従来モデルに存在したフロントフェンダー後部のエアアウトレットが消えている代わりに、リアフェンダー前部に大型のエアインテークが確認できる。

これがコルベットの歴史を大きく変えるとも言われる、ミッドシップレイアウト採用の証だ。これまでのFRを捨て、ミッドシップスポーツへと生まれ変わる。ショートノーズや、クリア・エンジンフードもこれを裏付けている。

パワートレインは豊富だ。最高出力500psを発揮する6.2リットルV型8気筒LT1のアップグレード版、最高出力600psを発揮する4.2リットルV型8気筒ターボ、そして最高出力850psと伝えられる5.5リットルV型8気筒ツインターボエンジンのラインアップが予想される。そしてハイエンドモデルには、ツインターボと200psの電気モーターを組み合わせ、最高出力1000psを叩き出すハイブリッドモデルが噂されている。

ワールドプレミアは、早ければ2019年1月のデトロイトモーターショー、あるいは2019年後半が予想されている。

シボレー コルベット 次期型はミッドシップで決まり! HVモデルは1000馬力

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top